外壁 増し張り工事 カバー工法

こちらのお客様は、外壁のメンテナンス工事についてのご相談で、SBSマイホームセンターのリフォームプラザにご来場頂いたお客様です。

築22年の在来木造住宅の三階建て。

以前からの雨漏りに悩まされている、とのご相談でした。

新築施工した工務店にて、何度か雨漏り補修も行ってきたようでしたが なかなか止まらない、との事でした。

現地調査を行い、既存のサイディング材も劣化しており、他にもバルコニー笠木や窓廻り、屋根のケラバ廻りなどに不安がありました。

お客様との相談の結果、今回は外壁の増し張り工事を行うことになりました。

CIMG10161
外壁材の増し張り工事とは、既存の外壁材を撤去せずに その上から防水処理と新規の外壁材を施工していく、カバー工法とも言われる工事方法です。

写真は、既存のサイディングの上から防水シートと胴縁の施工が終わった状態です

胴縁とは、新規の外壁材を固定する下地材です。
before
CIMG07571
arrow_right
after
CIMG17311
before
CIMG07782
arrow_right
after
CIMG17261
CIMG17271
今回採用された外壁材は、KEMW はる一番 という金属サイディングです

金属サイディングは、一般的な窯業系サイディング材と比べて軽量で、建物への負担も軽いのでカバー工法に適しています。

紫外線に強い フッ素焼付塗装で10年の塗膜・赤サビ保証、20年相当の耐候性試験結果でもほとんど色あせのない商品です。

弊社のコーディネーターとも相談の結果、バルコニー廻りの突き出た部分のみデザインを替えた張り分けを行いました。

三方が道路、南側も駐車場という立地で、かなり見栄えのする現場でした。