高気密 高断熱の家

高気密 高断熱の家

986ada94bfe29ff308ab3730d09a91dc

9c0abf8eb793e959f816246eed8b126e

f1402254f38079af1a1479855fcee313

b8c2f13b45320cf96a0bafd5d2e59039

e0a0ab1d7e754652b07d908c99532bad

窓や玄関ドアの断熱化も配慮されている

93f8c832cd4dc85fb9e6b57743c44799

cb3397a8af894266f8153161b414505c

2140168f8b3c2a52cfa4346837867c30

壁内結露を防ぐので家が長持ち

9d3f1326f3a7c83be25c542f5b43433f

部屋ごとの温度差が小さくなる

merit01_top
換気システムを24時間連続運転すると、
家中にゆるやかな空気の流れができ、
各室の温度差がとても小さくなります。

また、24時間計画換気で、
ペットの臭いやタバコの煙など様々な生活臭を屋外に排出します。
必要量の外気を取り入れて、家の中の空気を常にきれいに保ち、
爽やかな環境を実現します。
a1adc8661cf25ce405f0ad4e1a69ac13

ケース1
お風呂場の脱衣所で服を脱ぐとき、ブルッと震えるほど寒い。
ケース2
家の中で温度を測ってみたら、暖房している居間は20℃もあったのに、玄関ホールや廊下、洗面所は5℃しかなく、15℃も差があってびっくり。
koukimitsudannetsunoie_05
夏など、外出から帰って家の中に入った時、ムッとした熱気で暑くてたまらない。
ケース4
涼しいのはエアコンのある部屋だけ。
廊下に出てトイレに行くと、汗をだらだらかいてしまう。
case5
十分に暖かいと思ったので暖房を切って寝たところ、明け方になって肩と顔が冷えて目が覚めた。
ケース6
暖かい居間を出ると寒いので、ついついトイレに行くのをガマンしてしまう。

温度差が引き起こす『ヒートショック』を防ぐ

merit02_1
高気密・高断熱住宅は、
「室内」と「廊下や階段、トイレなど」の温度差を小さくします。
急激な温度変化を無くし、ヒートショックが起きることを防ぎます。
merit02_2

冬 足元が冷えて困る・・・ということがない

merit03_1

merit03_2
部屋の中の天井付近と足元の温度差は、
2℃~3℃以内がストレスを感じない快適空間なのです。

一般住宅だと、暖かい空気は上へ上へ行き、
足元は冷え冷えになりますが、高気密・高断熱住宅のお家なら、立っても座っていても寝ころんでいてもムラなくどこでも快適です。
merit03_3

お年寄りも安全に安心して生活ができる

merit04_1

merit04_2
一般的な住宅での静岡の夏は「熱帯夜」・・・
ついエアコンを多用してしまう。
夏場の電気代が恐い!

高気密・高断熱の住宅なら
エアコンのかけ過ぎで「冷房病」になったり、
一晩中エアコンをかけて寝て、
風邪をひいてしまったりしません。
24時間、快適な温度管理がされています。

窓や玄関ドアの断熱化にも配慮されている

窓の面積は、40坪の住宅で約30㎡です。この30㎡の断熱性を高める事が重要。
merit05_1

merit05_2

merit05_3
窓は閉まっているのに窓際に座るとヒンヤリとした冷気の流れを感じる。
merit05_4
窓ガラスもアルミサッシの枠も水滴でビッショリ。
レースのカーテンが、窓ガラスにベッタリとはりついて汚れてしまった。サッシのゴムもカビで真っ黒。
merit05_5

ホコリや花粉の侵入 カビの発生を防ぐ

建物に隙間が少ないため、屋外からのホコリや花粉などの侵入を大幅に抑えます。
また、24時間換気により、室内の温度・湿度を良好な状態に保ち、
湿気が溜まりやすい押し入れや家具の裏側の壁などにカビが発生するのを防止。
ホコリや花粉の侵入 カビの発生を防ぐ

防音効果が高く 外の騒音が気にならない

merit07_1
高気密・高断熱住宅は、遮音性能にも優れています。
クルマや工事など屋外の騒音の侵入を大幅に軽減するので、
家の中は常に静かです。
また屋内の音も外に漏れにくいので、
ピアノやカラオケも気兼ねなく楽しめます。
merit07_2

カビやダニを寄せつけず快適湿度に保つ

merit08_1
高い気密性と24時間換気で、
健康的な空間をつくり出す高気密・高断熱住宅。
ぜん息やアレルギー性鼻炎の原因にもなるダニや、
食中毒の原因になるカビが活発に活動できないように、
全室の湿度を最適な状態に保ちます。
merit08_2-2

merit08_31

壁内結露を防ぐので家が長持ち

merit09_1
住まいの耐久性を弱める大きな原因の一つである
「壁内結露」を防止するためには、高断熱であると共に
湿った空気が僅かに壁内に侵入しても、
この湿気を屋外に排出するシステムが必要なのです。
結露には、ガラスや押し入れの中の壁などに付着して発生する
「表面結露」と壁の内部で発生する「壁内結露」があります。
merit09_2

merit09_3

大成住宅の高気密・高断熱住宅なら、外周壁の構造用パネルの内側全面に、
ウレタン発砲断熱材を吹き付けて、断熱性能を確保します。
merit09_4

更に、外壁構造用パネルの外側には
「通気層」を設けてあり、ごく僅かの湿気が残っていても、
この通気層を通して排出してしまいますから安心です。
merit09_5

その上、気密化の性能を上げ、
効率の良い計画換気を行って
家の中の湿度が高くならない環境ですから大丈夫。
一般住宅の壁の構造

大成住宅 高気密・高断熱住宅の壁の構造

高気密 高断熱住宅には計画換気が不可欠です

計画換気が必要な理由

merit10_5

merit10_6

新鮮な空気の供給


merit10_8
merit10_9
高断熱材
年間冷暖房費の比較一覧表