スタッフブログ

木製ブラインドの施工例

2017年7月31日|カテゴリー「過去のブログ

月曜日です。ブログを書きます。

前回に引き続き、カーテン関連のお話を書かせていただこうと思います。

 



カーテンを含めた窓回りの装飾・製品を「ウィンドートリートメント」といいます。

カーテン以外でよく見かけるのは、ブラインドやロールスクリーンでしょうか?

 


今回はその中の一つ、「木製ブラインド」の施工例をご紹介させていただきます。



 

木製ブラインドは、その名の通り、木製のブラインドです。

よくあるアルミのブラインドよりも、スラットと呼ばれる板の一枚一枚が大きく、高級感があります。


アルミのブラインドは事務所っぽい!と感じられる方でも、木製は温かみや高級感があるので

住宅にご採用いただくケースも多々あります。

 


ブラインドはコードで繋がっており、そのコードが通る小さな穴があります。

スッキリしたイメージがお好みの方はそのままで良いと思いますが、

閉じた時に光が点々と漏れるのが気になる方はテープを付ける事もできます。


その組み合わせで雰囲気も変わるので、お好みに合わせてお選びいただくことができます。



P1290701-2
静岡市で施工された木製ブラインドです。
テープ有なので、壁紙と合ったかわいい雰囲気です。
より柔らかい雰囲気です。
P1470395-2
こちらは清水区で取り付けた木製ブラインドです。
内装や照明器具、カーテンレールまで統一感があります。
温かみが感じられますが、テープ無なのでスッキリ見えます。

 


ちなみにそれよりも価格はちょっと上がりますが、穴をずらして光の点々を漏らしにくく、

かつスッキリした印象にできるタイプや、穴自体を無くしたタイプもあります。

穴無しタイプは光が漏れにくいのはもちろん、お手入れ時にホコリが取りやすいという利点もあります。

 


P14408441







右の写真は、穴ずらしタイプの製品を

藤枝で新築されたお家で取り付けていただいたものです。


穴無しタイプと比べるとリーズナブルです。

 

 






また、下の写真のように他のウィンドートリートメントと組み合わせるのも素敵です。

 

P1100835



これは窓枠の内側に木製ブラインドを取付け、

さらに窓を覆うようにシェードを付けました。

 

ブラインドはスラット(板)の角度を変えることにより、

光の入り具合を調節したり視線を遮ったりできますので、

それだけで使っていただく場合が多いです。

 


が、こちらの施工例は布製品をプラスする事により、

より柔らかい雰囲気にしていただきました。



シェードを上げたり降ろしたり、その時々で違う雰囲気を楽しんでいただいたりする事もできますし、

普通とはちょっと違うウィンドートリートメントにしたい時には、このように組み合わせて使うのもオススメです。

清水で新築された際に取り付けていただきました。


 

ただ、デメリットとしては…普段はスラット角度調節で事足りる事が多いかと思いますが、

窓のお掃除をする時など、ブラインドを全開にしたい(全部上げてしまいたい)時は、

窓の高さが高いほど操作コードをぐるぐる引っ張る必要があるためちょっと手間ではあります。

 

そんな手間がありますので、出入りが頻繁にある窓には不向きですね。

 


あとは…木製のため、アルミと違って板が曲がりません。

つまり、昔のドラマにあったようにブラインドを閉じたまま、指でちょっと板を下げて向こう側を覗く事はできません。

 



それから、次の写真は番外編?で窓以外に、間仕切りとしてご採用いただいたケースです。


全体の写真がないのが残念ですが…

窓ではなく、空間を仕切っているのがわかりますでしょうか?

静岡で新築されたお家に、お住まいになられてから追加していただいた施工例です。

 

cid_15d97e0bce672b9262f1-e1501496845128





こちらは新築時に洋室2部屋をつなげて建てたお家です。



お子様が小さい場合などなど、

個室に分けずに大きな一部屋として使用し、

大きくなって個室が欲しくなった場合は

真ん中に壁を作る事ができる。



という間取りです。


 

一時的に隠したい、仕切りたいなど、開け閉めが頻繁な場合はロールスクリーン等が簡単ですが、

基本的に降ろしてあるという場合は木製ブラインドも素敵です。


ただ間仕切りとして使えるだけでなく、質感が良いのでインテリアの一部としても存在感がありますし、

光や風を通したい時、遮りたい時と、調整もしやすい製品です。

 

 



カーテン以外にも素敵なウィンドートリートメントが色々ありますので、

模様替えの時に取り入れてみても良いかもしれません。


『展示場って広すぎてイメージがつかめない・・・』

2017年7月31日|カテゴリー「過去のブログ

こんにちは。

大成住宅富士営業所、木村です。


 

昨日、730()にSBSマイホームセンター富士展示場では

『サマーフェスティバル』が開催されました。


ザリガニ釣りや水鉄砲選手権・・・

多くのご家族連れでにぎわっておりました。



DSC03890
DSC03896


暑い中、アヒルさんやカメさんも頑張っていましたね。

 

また、大成住宅の展示場にお立ち寄りくださった皆さま、

ありがとうございました♪





お話変わって、こちらは先日お引渡ししたお宅の写真です。


LDK1


吊戸のないすっきりキッチン



63f073957992574ea1149d9f6a6a46a7


玄関横の土間収納と彩風玄関ドア


3162ed405549e3a8cbe420341212b101


収納王ならではのロフト




お施主様のこだわり満載でした。

 

 

ご来場のお客様から

『展示場って広すぎてイメージがつかめない・・・』

というご意見が多く寄せられます。

個別で建築中の現場案内もできますので、

まずは展示場にご来場ください。

 

 

明日からいよいよ8月です。

暑い日が続きますが

体調を崩さないようお気を付け下さい。

 

今週も木村は富士展示場でお待ちしております。

安倍川花火大会

2017年7月31日|カテゴリー「過去のブログ
こんにちは。津村聡です。

先週は江戸川台での現地打ち合わせや静岡での社員総会など、

このデスクにいる時間がほとんど無くブログ更新が出来ずに申し訳ございませんでした。

忘れていたわけではありません!忘れていたわけでは・・・・。

さて、先ほど述べましたように先週末は社員総会があり静岡に戻っていました。

半年に一度、半期の業績報告と後期に向けての方針を各責任者から報告する会です。

今回はたまたま金曜日でしかも安倍川花火大会の前日という事も有り、総会後東京に戻らず

静岡に帰省しました。

ご存知の方が多いと思いますが当社のビルは南安倍、安倍川花火大会の会場のすぐ近くです。

毎年この日は当社のネオンサインが消灯され、屋上をオーナー様や社員家族に開放しております。

ですが当日は夕方から小雨が降り、沢山の浴衣姿の人たちが雨宿りをする中開催されるのか少し不安もありました。


しかし!

IMG_2971
どうですか!?

きっちり開催時間に花火が上がりました。
ブルーシートの上にダンボールを敷き、ビール片手に見学させていただきました。

毎年そうですがしっかり折りたたみの椅子やキャンプで使用するテーブルセットを

持ち込んで見学しているご家族もいらっしゃいました。

さすがです!

もちろん、真下の会場も迫力があっていいと思いますが当社の屋上は静かに、お酒を楽しみながら

座って見学する事ができます。
IMG_2972
クライマックスの大スターマインです。
IMG_2973
当日はほとんど風が無く、仕掛け花火は途中から

煙の中に隠れてしまう事が多かったのが残念です。
途中多少雨が降りましたが皆様屋根の下に避難し、最後まで見る事が出来ました。

来年も屋上を開放すると思います。

当社のオーナー様でもしご希望があればそれぞれ担当者か直接お電話いただければ

ご利用可能です。ただしお酒を飲まれる方はくれぐれもお車でのご来場はお控え下さい。

以上、津村聡でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

袋井市で地鎮祭を行いました(注文住宅)

2017年7月30日|カテゴリー「過去のブログ
今日、午前中に袋井市で地鎮祭を執り行いました。

幸いにも炎天下ではなく、曇り空でしたので

体調を崩される方も出ずに、無事終了しました。

気温は30℃を下回りましたが、

汗っかきの私は、いつものように大汗でした。




袋井市 地鎮祭 大成住宅
今回、家を建てられるお施主様とは、

昨年の秋に初めてお会いし

打合せを週十回重ねてきました。

いよいよ、工事が始まります

ツーバイフォー工法(枠組み壁工法)の

2階建の二世帯同居型で

オシャレなアイランドキッチンがある

フリープラン(注文住宅)のお家です。


これから始まる工事の内容をほぼ決まり

年内に完成する予定です。


先ずは、敷地内に土を入れて、

敷地の高さを上げる工事に入ります。

今後も工事状況をお知らせいたします。




大成住宅 浜松営業所  鈴木 光広

コンクリート住宅の断熱工事

2017年7月30日|カテゴリー「リフォーム・開発



こんにちは。

大成住宅リフォーム事業部の、 森 和久 です。

今回の 『静岡のリフォーム実例』 は、

コンクリート住宅の断熱工事です。

築40年以上の、コンクリート住宅のため

夏は暑く・冬は寒い 住宅でした。

今回は、改装工事に併せて断熱工事もおこないました。






before
20170729
断熱工事前 

コンクリート構造の床・壁・天井が
 
 むき出しの状態です。
arrow_down
after
20170729
壁・天井断熱工事後

壁・天井に大成住宅でおすすめしている、

「現場発泡ウレタンフォーム」を施工しました。

特徴は、 ①断熱性~断熱性能が高く経年劣化も小さい
     ②気密性~気密性のバラツキが小さく他に気密施工も不要
     ③吸音性~吸音・遮音効果と床衝撃音の緩和が期待できる  等です。







20170729
床断熱工事後

床にはフクビの断熱材「フクフォーム」

施工しました。
20170729
窓(開口部)断熱工事後

窓にリクシルの内窓「インプラス」を施工

断熱・遮音・結露軽減と住まいにうれしい

快適効果をもたらします。








  • お問合せ
  • 資料請求