雨の季節です

 


こんにちは。

大成住宅 インテリアコーディネーター こだまです。


 

梅雨…季節を感じられますし苦手なわけではないのですが、

雨が続いたり、急な雨が降ってきたりすると、困る事はお洗濯です。


本当は外で干したいのですが、そんな時は室内に干してしまいます。

雨以外でも、花粉症の方やお仕事をされている方など、

室内干しをされる場合があるかと思います。

 

室内用の物干し金物もいくつか種類があり、便利そうだなと思いますが…

 

住宅のお仕事に就き、身近でメンテナンスのお話を耳にすると、

そのまま干す事に大きな抵抗を感じるようになりました。

 



高気密な現代の住宅で、洗濯物が乾く(=洗濯物の水分が出ていく)という事は、

その水分、湿気は…家の中に籠る。溜まる。という事です。

kgの洗濯物を干すと、約3リットルの水分が出るそうです。

 

もちろん換気の計画はされていますが、室内干しの水分がその換気量を超えると、

やっぱりジメジメしてきて良くありません。

そのままにしておくと壁紙が剥がれやすくなったり、ひどい場合はカビが発生して

しまったりする事もありえます。

保証の免責事項にも該当するので推奨はできません。

 

 


ただ、やはりご要望はあります。

対策として、大成住宅では室内に物干し金物の取り付けをご希望の場合、

換気設備をセットで施工しています。

この換気扇は一定以上の湿度になると自動で強運転をして湿気を外に出してくれます。

 

洗面・脱衣室などですと元々この換気扇を付けていますし、洗濯機も一緒にある事が多い為、

ココに物干しを取り付けていただく場合が多いかなと思います。

 

浴室乾燥機を使って浴室内に干していただければとも思いますが、

たくさんは干せないですし、長時間お風呂が使えないのも難点です。

 

新築時に室内干しのご予定がある場合は、可能であれば家事室・物干し室などを設けたりして

湿気がそこから広がらないようにするのも良いかと思います。

 

また、換気扇だけでなく、除湿機やエアコンの除湿機能を使っていただくと、なお良しです。

 

 


そして、ついついカーテンレールにかけたりしたくなってしまう方…

 

濡れた洗濯物は重いので、レールのゆがみやネジのゆるみの原因になります。

カーテンのホコリがせっかく洗った洗濯物に付いたり洗濯物の水分がカーテンに移って

カビの原因になってしまったりするかもしれません。

 

(学生の頃には何も考えずレールにひょいと掛けてしまっていた)インテリアコーディネーターとして、

カーテンレールには干さない様、お願いを申し上げます。

 



P1480322-e1560406448684
物干しスペースとして、換気扇を付けて窓も大きく取り、採光タイプの引戸で部屋と区切れるようにした例です。

P1410393-e1560406391650
洗濯機、換気扇、シンクもあり、大きなカウンターでアイロンもかけられます。家事室として独立していると、多少雑多になっても気になりません。
P1510506-e1560406605474
天井に収納式の物干し金物がついています。使う時だけ、竿を下ろして使用します。
P1480855-e1560407236617
脱衣室に、壁からアームを伸ばすタイプの物干しです。脱衣室なので、元々換気扇が付いている空間です。
P1490946-e1560407326704
右上の写真と同じ、天井付けの物干しです。降ろして、さらに左右に竿を伸ばせます。これは紐での操作ですが、電動もあります。洗面所です。
P1500976-e1560407444345
物干しスペースです。写真の左上に写っている輪っかのついた棒に、ピンチハンガーをかけたり、竿を渡したりして使用します。使用しない時は取り外しも可能です。