省エネ住宅

こんにちは。

大成住宅富士業所、設計課の木村です。

 

7月も後半です。

いよいよお子たちしい夏休みですね。

お母たちにとっては家事にお子のお世話と忙しくなりますが、

暑さに負けずがんばりましょう!!


 

そして連日の大雨や猛暑などの異常のニュに地球暖化を感じる今日この頃です・・・

2013101日、改正省エネ基準が施行。土交通省・経済産業省環境省が設置する低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議では、2020年までにすべての新築住宅を象に新基準への適合の義務付けを決定。省エネ性能が求められることになりました。地球暖化を防止するためにける家庭から排出される二酸化炭素を減らす必要が出てきました。


先日、「エコ」や「省エネ住宅」に心が高いお客様のご要望で第三者機関による建物の評価をしてもらいました。実際どのくらいエコな住宅なのかがの数でにわかるBELSです。今回はZEHクラスの省エネ性能をご希望でした。

 


BELS

 

 

省エネ住宅(省エネルギ住宅)とは、日の生活で使用される冷暖房や給湯、家電製品などによって消費されるエネルギを少なくするように設計された住宅のことです。

具体的には、壁や床、天井に熱性の高い熱材を入れ、家全体の密性を高めることによって、冷暖房した室の空が外に逃げないようにしたり、熱率の高い給湯器を使ったりすることによって、消費エネルギを減らせるのが省エネ住宅です。

 


大成住宅ではお客様のご要望に合わせた建物の設計をいたします。

 

営業スタッフにお気軽のご相談ください♪