きれいの法則

dbd63eb8d8961258760009e91070cdb91


こんにちは


大成住宅建築部、設計課の木村です。


 

日中はだいぶ暖かくなってきましたね。



2月の写真ですが、河津桜です。


これから咲くソメイヨシノよりも桃色が濃く、かわいらしくて好きです。



春の色って気分が上がりますね。




さて、今回はお部屋のきれいの法則についてお話したいと思います。



きれいの法則についてのポイントはズバリ・・・


床の上、テーブルにモノを置かない!』です



 

片付いている家で、床にモノが「じか置き」されているお宅はありません。


袋やレジ袋、服やバッグを床にじか置きしているお宅は、それを床以外の場所に移動させましょう。




また、食卓やリビングテーブルなどにも、余計なモノは置いてありません。



調味料や食品、新聞、チラシが出しっぱなしなら、

それを台所や新聞紙入れ(なければ設置)に移動させましょう。



この2点を守るだけでも、「片付いた家」に見せることは大いに可能なのです。


ちなみに、映画やドラマで「散らかった家」を演出するためには、床にモノを散乱させるそうですよ。




間取りをお考えの際には、少しのスペースでも収納場所を確保しましょうね!


巨大収納空間『収納王』の大成住宅の展示場も参考にいかがでしょうか?


ご来場お待ちしております。