「ぼたもち」と「おはぎ」

こんにちは、
建築部 設計課 梅原です。
osoushiki_ohigan_haru
しかし実際は、彼岸の中日でお墓参りをして、「ぼたもち」を食べる日でした。

実家では昔、祖母が「ぼたもち」を作っていましたが。

ohakamairi_man
ohagi_botamochi
「ぼたもち」と「おはぎ」同じ物なのになんで
違う名前がついているのか、そもそも、同じ物なか、

知らないと、五歳児に叱られそうなので、

ブログを作成するにあたって調べたら。

「ぼたもち」と「おはぎ」は基本的には同じ物だそうです。

春のものを「ぼたもち」、秋のものを「おはぎ」とする説
(冬と夏にも名前がありました。)

もち米を主とするものが「ぼたもち」、
うるち米を主とするものが「おはぎ」であるとする説

こし餡を使ったものをぼたもち、
つぶ餡や煮た小豆そのままを使ったものをおはぎ(逆の場合もあり)。

小さいものをおはぎ、それより大きいものをぼたもち。

などなど、いろいろありました(地域によってまたちがうそうです)。

現代では、このような区別も薄れているようです。

しかし、そうなると「ぼたもち」と「おはぎ」
一般的に、どちらで呼ばれる事が多いのか気になり、
検索サイトで調べたら、
「ぼたもち」 約1,500,000件 「おはぎ」約4,830,000件

以外にも3倍以上の差で「おはぎ」でした。

いずれにせよ、「ぼたもち」と「おはぎ」が季節の趣を汲んだ、
雅な由来を持つ伝統食であることに変わりはありません。
ご先祖様に感謝の思いを馳せながら、今年もおいしくいただきました。