モジュールと単位


こんにちは、大成住宅 設計課の水野です。



『我が家を持とう』と考えたとき、間取り(図面)を見る上でモジュールという考えを知っておくと便利です。


モジュールとは間取りを考えるときの基本寸法になります。


住宅設計の場合、910mmのモジュールを採用する場合が多く、大成住宅でも910モジュールで設計をしています。


住宅業界ではいろいろな単位が用いられます。


長さの単位ではメートル、尺(しゃく)、間(けん)があります。


面積の単位では平方メートル、帖、坪があります。


ツーバイフォーでは長さの単位としてインチ、フィートも用います。


一般生活ではあまりなじみのない単位ですが、住宅業界ではこのような単位が常に使われています。


正確には違いますが、長さでは910mm3尺=0.5間になり、

面積では1820mm×1820mm3.3124㎡=2帖=1坪になります。


また、長さ、面積ともに有効寸法(内法寸法)ではなく、壁の中心からの値になります。


廊下の幅の寸法が910mmの場合、有効寸法は10cm強短くなります。


タンスや食器棚、家具、家電などを置く場合、注意が必要になります。


平面プラン

  打合せ用のプランの一例です。

  ここには有効寸法が記入されていないので注意が必要です。



お客様に説明をする場合には、長さに関しては『○m○○cmです』というように話しをするように心がけています。


間取りの打合せをするにあたり、覚える必要はないと思いますが、いろいろな単位があるということを理解しておくと良いかと思います。