コロナ禍における住まいづくり


こんにちは。

大成住宅設計課の木村です。

 


11月になり、コロナウイルスの感染拡大が心配されますね。

 


在宅時間の増加で住まいづくりにも変化がみられてきました。

お客様のご要望で多くなってきていることを挙げてみたいと思います。

 


  夫婦の寝室のほかに、2帖程度の最小限の個室

 

  ウイルスを持ち込まない工夫として、手洗い場の動線計画、玄関横の手洗い器の設置等

 

  玄関で上着を脱ぐためのコート掛けや、土間収納など

 

  外出自粛のなかで外部空間を充実させるためのウッドデッキやインナーバルコニー

 


今後は各ご家庭の生活スタイルによって、求められる部屋の用途や数、広さの常識が変わってゆくかもしれませんね。

 


大成住宅ではお客様の様々なご要望にお応えするための無料設計を行っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

お待ちしております♪

収納王