階段とハシゴ



こんにちは、大成住宅 設計積算課の水野です。



階段とハシゴの違いはご存知でしょうか。


階段は固定されていて上り下りできるもの、ハシゴは固定されておらず上り下りでき、


不要なときは移動させることもできるものをいいます。


みなさん、当然ご存知ですよね。


階段1
階段2



建築基準法では、ハシゴには基準がありませんが、階段には一定の基準があります。


住宅の階段は有効幅75cm以上、踏面15cm以上、蹴上げ(階段1段の高さ)23cm以下と決められています。


住宅ではあまり見かけないですが、高さ4m以下ごとに120cm以上の踊り場も設けなければなりません。



建物の種類により基準が異なります。小学校と中学校でも基準が異なります。


これは、利用する人が安全に上り下りできるように最低の基準として決められています。


住宅の階段は特定の人以外はあまり利用しないので公共建物より厳しくありません。


住宅の場合、一般的には、1つの階段しかありませんが、オマケの階段としてもう1つ設けた場合はどうでしょう。


オマケといっても階段なので、建築基準法の基準を満たさなければなりません。


また、階段には手摺を設ける必要があります。



観光地などにある『旧○○邸』の古い建物やお城の階段などは建築基準法が制定される以前の建物なので、


基準を満たしていない階段もあります。



ハシゴ1
ハシゴ2




SBSマイホームセンターにある展示場の階段、現場見学会での階段で形状、寸法を確認してみてください。



公共施設、観光地での古い建物の階段の形状、寸法なども気にしてみるのもおもしろいかと思います。