兼用と併用


こんにちは、大成住宅 設計課の水野です。




みなさんは『兼用』と『併用』の違いをご存知ですか?


『兼用』とは、1つの物を2つ以上の用途・目的のために使う場合をいいます。


『併用』とは、2つ以上の物を一緒に、併せ使う場合にいいます。


住宅以外に店舗や事務所の用途がある場合、兼用住宅とか併用住宅といいます。



言葉で表現すると分かりにくいので図で説明します。



兼用住宅
 中で行き来できれば『兼用住宅』になります
併用住宅
 中で行き来できなければ『併用住宅』になります




建築基準法では兼用住宅と併用住宅では大きな違いがあります。


用途地域によっては兼用住宅であれば建築することができても、併用住宅にすることによって建築できない場合があります。


同じ間取りであっても、建具を1つ付けることによって大きく変わります。




一戸建ての住宅
 中で行き来できれば『一戸建ての住宅』になります
共同住宅又は長屋
 中で行き来できなければ『共同住宅または長屋』になります





2世帯住宅を建てる場合でも、行き来できるできないの違いによって、1戸建ての住宅が共同住宅または長屋になってしまいます。


自営のための店舗や事務所であれば、行き来できる建物(兼用住宅)にしたほうが建築基準法の制限が厳しくなりません。


『併用住宅と兼用住宅』似ているようですが、大きな違いなので注意してみてください。