消費増税に伴う住宅取得支援について


こんにちは、大成住宅 設計積算課の水野です。



消費税率10%への引き上げに伴う住宅支援策のひとつに、新たなポイント制度が創設されました。


今回の住宅エコポイントは『次世代住宅ポイント制度』という名称です。


新築住宅は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントが付与されます。


a9947a26f06363430cbd93bea5c712ad
365259b5e2b857b0e902266d2573e4ad



対象となる住宅は、注文住宅の場合、20194月~20203月に請負契約・着工し、201910月以降に引き渡しした建物です。


分譲住宅の場合、20181221日(閣議決定日)~20203月に請負契約・着工した物件で201910月以降に引き渡しした建物です。


受付は20196月をめどに開始予定になっています。


新築住宅は基本30万ポイントですが、長期優良住宅などは5万ポイント、家事負担軽減に貢献する設備がある場合はオプションポイントが加算され、最大で35万ポイントが付与されます。


リフォームは、若者・子育て世代の場合は最大で45万ポイント(さらに中古住宅の購入+リフォームであれば最大60万ポイント)、若者・子育て世代以外でも「安心R住宅」に認定されている物件の購入+リフォームは最大45万ポイントが付与されます。


予算の枠があるため、該当する建物すべてが対象となるわけではありません。



詳しくは大成住宅の https://www.taisei-jyutaku.co.jp/topics でご確認ください。


また、大成住宅の静岡、富士、浜松の各展示場にご来場いただければ、営業スタッフが説明いたします。


お待ちしています。