室内物干し


こんにちは、大成住宅 設計課の水野です。

 



皆さんは洗濯物をどこに干していますか?



天気のよい昼間であれば庭に干したり、バルコニーに干していて、雨の日などは室内に洗濯物を干すケースが多いと思います。


我が家では、夜に洗濯をすることが多いため、基本は室内干しで、翌朝、バルコニーに洗濯物を干しています。


室内干しでやっかいなことは、干す場所と独特なニオイと室内結露です。


干す場所がなくて、カーテンレールに洗濯物を干している方もいると思いますがそれはNGです。


カーテンレールを傷めてしまうのはもちろんですが、カーテンやカーテンレールは意外と汚れが溜まっていて、せっかくきれいに洗った洗濯物が台無しになってしまいます。


室内干しに便利なものがいくつかあります。


折りたたみ式・キャスター式の物干しがありますが、利用しないときに置き場所に困ってしまいます。


天井から吊るすタイプタイプには吊り輪のようなタイプや昇降式の物干しがあります。

昇降式には手動タイプと電動タイプがあります。



電動昇降タイプ
 電動タイプでお部屋もすっきり
手動昇降タイプ
 ひもを使って昇降させます
吊り下げ(スポット)タイプ
  輪の中に竿を入れて使用します



このようなものは室内空間を有効活用できるのでとても便利です。


建物完成後にも設置することも可能ですが、ある程度の重さにも耐えられなければならないので、

設置位置が限られたり、設置できない場合があります。


プランの打合せ段階で計画することをおすすめします。


独特なニオイを防ぐには、汚れをきっちり落とす、早く乾かすことが大切です。


洗濯機の中にしばらく放置することもNGです。


また、洗濯槽のクリーニングも大切です。


室内結露対策はこまめに換気をすることです。


現在の建物は24時間換気が求められていて、大成住宅の建物も気密性・断熱性が優れています。


電気代がもったいないといって換気扇を切ってしまうと、結露の原因となり、カビ・ダニが発生してしまいます。


室内干しをする場合は、室内干しをする場所、換気扇の設置に注意してください。



大成住宅では、いろいろな提案をさせていただいております。


一度、ご連絡ください。