文化財保護法


こんにちは、大成住宅 設計課の水野です。



今回は文化財保護法についてです。


『住宅と埋蔵文化財が関係している』と以外に思うかもしれませんが、住宅を建てるときに建築する場所が埋蔵文化財の

区域に指定されている場合、工事を着手する60日前に届出をしなければなりません。


地中に埋まっている文化財を傷つけたり破壊したりしないためです。


文化財というと○○遺跡や△△古墳などをイメージすると思いますが、埋蔵文化財は静岡県内にはたくさんあります。


埋蔵文化財のエリア

  赤く印されている場所が埋蔵文化財の区域に指定されています。



住宅の場合、地面を深く掘り下げることはあまりありませんが、建築する場所の地盤が悪い場合は地盤改良が必要になります。


地盤改良が必要になった場合、改良の方法によっては埋蔵文化財を傷つけたり破壊してしまう可能性があります。


工事によって遺跡が破壊される場合は『発掘調査』が必要となる場合があります。


工事による影響が軽微な場合は、掘削中の工事に立会い、遺跡の内容を記録します。


大成住宅では敷地調査時に埋蔵文化財の区域に指定されているかどうかの確認もしています。


住宅を建てようと考えている方、新しく土地を購入しようとしている方は一度確認してみてはどうでしょうか。