くつろげる空間


こんにちは、大成住宅 建築部設計課の水野です。



本日、1019日は『住育の日』です。


じゅう(10)い(1)く(9)の語呂あわせと、10月が住宅月間であることから日本健康住宅協会が制定したそうです。


住宅についての教育「住育」の大切さをアピールするための記念日です。


「住育」とは住まいを学び、子供たちの心の成長を育てることだそうです。




ところで、皆さんのくつろげる(落ち着く)空間はどこでしょうか?


リビング・寝室・お風呂・トイレ・車の中・・・・・


私の場合はお風呂に入っている時間が一番くつろげる空間です。


一日の出来事を振り返ったり、疲れがとれるのでリラックスできます。


何か考え事をしていてもお風呂の中で良いアイデアが浮かんだり、大切なことを思い出したりします。




ユニットバス1
ユニットバス2
ユニットバス3
ユニットバス4
ユニットバス5

     画像をクリックすると拡大されます

     浴槽の形状、水栓の形状、壁パネルの色の違いがわかります




近年、住宅に設けるお風呂はユニットバスがほとんどです。


最近のユニットバスは充実しています。


水はけがよい床であったり、排水口にたまった髪の毛の掃除も簡単になっています。


浴槽の形状もいろいろあります。


また、従来より断熱性が優れています。


水栓もデザイン性もよく、簡単操作、節水にも優れています。


ほかにもいろいろな機能、特徴があります。



カタログではわかりにくいものも、ショールームで実際のものを確認することができます。


住宅を計画している方は参考にしてみてください。


静岡、富士、浜松の大成住宅展示場でお待ちしています。