1月17日

こんにちは、
建築部 設計課 梅原です。

さて、1月17日で阪神・淡路大震災から24年が経ちました。

建物の倒壊被害が相次いだ震災でした。
そして、亡くなられた方の約8割の方が建物・家具の倒壊によるものでした。


当時、建築を学ぶ学生だったので、講義の中で
現地に調査に行った教授が、将来、建築物での被害を減らす話を熱弁していた
記憶があります。

震災の後、建築基準法が2000年に改正されました。

木造住宅では、壁の配置バランス(偏心率)と接合部の金物の義務付けです。

2000年以前に建築された住宅は、耐震診断をおすすめします。


東日本大震災からも間もなく8年になります。
 時間の経過によって防災意識も薄れてしまいがちですが
大きな震災があった日

関東大震災   :1923年09月01日
阪神・淡路大震災:1995年01月17日
東日本大震災  :2011年03月11日

この三日間ぐらいは、
万が一のときの為の備えなので、今一度確認をして頂ければと思います。
bousai_goods
shijin_taishin2

同じタグが付けられたスタッフブログを見る

  • お問合せ
  • 資料請求