今年もありがとうございました

あけましておめでとうございます
まだ早いですか?でもあと2Wもしない内に連呼することになります
今の内に慣れましょう、僕はしないですが

自分のブログを拝見してくださいました皆様方
ありがとうございました

さて本日はいつもの建物シリーズ以外で身近にあるこんな歴史のある場所を紹介しようと思います
静岡市の今昔を紐解くとでてくるのですが実感している人は恐らく90才以上の先輩方です
大成住宅から国道一号線を東に向かうと
あざれあと労金の間に挟まれる交差点「あざれあ前」があります
実は此処には静岡駅側から線路を跨ぐ跨線橋がかかっていて
西側(安倍川方面)に向かうのに絶好のスロープ形状をしていたとかなんとか・・・
詳しい人、教えて下さい

跨線橋のイメージは同じ静岡の長沼大橋からすぐ東にある「栗原跨線橋」が近いらしく
こんな街中に跨線橋・・・しかも静岡駅南口前から直通で来れたそうです
全然想像つきません。もちろん道も建物も全然違ってはいるのでしょうが
そこに「あった」という事だけは忘れないで生きたいものです
短いですがこれにて今年は終了させて頂きます


来年も株式会社大成住宅を宜しく御願いすると共に
 皆様方にも来年が良き年になる事を願います