言葉がなければ想いは伝わらない

こんにちは。
開発営業部の高橋です。


みなさんは相続についてお考えになられたことはありますか?
10年ぐらい前に、終活という言葉がメディアで取り沙汰されました。今でもたまに耳にします。
意味合いとしては、「死と向き合い最後まで自分らしい人生を送るための準備のこと」を言うそうです。

なんか気分が暗くなってしまったらゴメンなさい...。

でも、自分が死んだあとの事って、健康な時に考えておく方が気が楽だということもありませんか?


相続も、終活に用いられる「エンディングノート」に記載すべき重要事項となります。

基礎控除の減額が行われ相続税の課税対象者も増えておりますが、
何より、残された子供達が遺産分割の事でケンカするなんて誰も望みませんね。

IMG_1989-e1521190804638
我々、開発営業部のメンバーは相続診断士の資格を持っております。
写真は資格者向けのセミナーで使われた冊子の表紙です。

世の中、高齢化社会に向かっているなか、二世帯住宅のご要望も多くなっております。
上手に財産を引き継いでいく事、大切です。
ご相談ください。