家族信託基礎セミナー

開発営業部の大澤です。

私は、一般社団法人 家族信託普及協会に所属して家族信託コーディネイターをして
「家族信託」の普及活動をしています。
今回から、「家族信託基礎講座」と題して家族信託制度について解説したいと思います。

家族信託とは?
家族信託は「信頼する家族に大切な財産を託し、自分や家族のために管理してもらう仕組み」です。
ポイントは、家族に託すという点です。
商事信託という制度が、事業者に財産管理を託すものです。これは金融庁から許可を得た事業者しかできません。
信託銀行が代表的です。ただし、基本現金の信託となり、不動産の信託は取り扱わないようです。
家族信託では、不動産の信託もでき、不動産と現金の信託というケースがほとんどです。

家族信託の制度を理解するためのキーワードをいくつかご紹介します。
委託者・・・・財産の所有者 財産を委託する人
受託者・・・・委託者から財産を委託される人
受益者・・・・財産から利益を得る権利(受益権)を有する人
信託財産・・・委託者から受益者へ委託する財産(すべての財産を委託する訳ではありません)
信託監督人・・受益者の管理者(任意での設定 トラブル防止に効果あり ただし報酬が発生)

自益信託・・・委託者=受益者
他益信託・・・委託者≠受益者
自益信託と他益信託では、税金の取り扱いが違ってきます。(贈与・不動産取得税等)

まずは、このキーワードを理解してください。同じ様な言葉で間違えやすいです。
今後の説明でも何度かでてきます。

それでは、初回の「家族信託基礎講座」はここまでとします。
次回は、「信託財産は誰のもの…?」をお届けします。

ご覧いただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします。