木造住宅バルコニー改修工事




こんにちは。

大成住宅リフォーム事業部の、  森 和久  です。

今回の 『静岡のリフォーム実例』 は、

木造住宅バルコニー改修工事です。

ご依頼いただいたのは、築16年の大規模分譲地の木造2階建て住宅で、

バルコニー腰壁下部に茶色いシミが広がってきたので、原因とその修繕を

ご希望でした。





バルコニー改修
既存バルコニー
バルコニー腰壁外部に、飾りモールが2本ついています。
上部の飾りモールの取付けかたに問題があるようです。


バルコニー改修
既存バルコニー
バルコニー腰壁下部に茶色いシミがあります。
バルコニー下部の点検口から内部を確認すると
木部の腐食がありました。


原因は、バルコニー腰壁の飾りモールから侵入した雨水が、排出されず
(現在の施工方法では、下部に水切りをつけ仮に内部に水が侵入しても排出されます。)

内部の木部を腐食させ、その灰汁が染み出た結果でした。

そこで、雨水の侵入部である飾りモールの取外しと、腐食した内部木部の

交換工事することになりまいした。











バルコニー改修
飾りモールから下部の外壁を
剥がしました。
バルコニー改修
木部の腐食がひどく
飾りモールの上部木材の
腐食も心配されました。
バルコニー改修
念のため飾りモール上部の
外壁も剥がし、木部の腐食を
確認しました。



バルコニー改修
結果、飾りモール上部の木部の腐食もかなり
進んでいました。
バルコニー改修
今回の改修工事をしなければ、数年後には
バルコニー腰壁が落下するような事態に
なっていたかもしれません。



バルコニー改修
腐食した木材を可能な限り取除き、
新しい木材に交換しました。



バルコニー改修
あわせて、補強用に十分な木材を施工しました。



バルコニー改修
防水処理した上から、モルタルを施工しました。
雨水が侵入しないようにした上で
仮に侵入しても、排出されるように下部に
水切りを施工しました。



バルコニー改修
最後に、塗装をして工事完了です。

今回の建物は、弊社でお建ていただいた住宅ではありませんが

大成住宅では、どんなお困りごと、ご相談もお受けいたします。

住宅会社として、地元で45年間培った経験・知識で

お客様の生活の良きパートナーになれれば幸いです。