浴室窓の交換・カバー工法




こんにちは。

大成住宅リフォーム事業部の、  森 和久  です。

今回の 『静岡のリフォーム実例』 は、

浴室窓の交換・カバー工法です。

カバー工法は、既存窓枠の上から新設窓をかぶせる工法で

室内側から簡単施工・雨戸付窓などにも対応可能な

窓リフォームです。

浴室をシステムバスにリフォームすると同時に窓を交換しました。



before
20171026
既存窓は 幅1800㎜×高1350㎜の大きな窓でした。
arrow_right
after
20171026
新設窓は、断熱パネルと幅1800㎜×高900㎜の組合せです。



before
20171026
既存窓(外部)
arrow_right
after
20171026
新設窓(外部)



before
20171026
既存窓(外部)
arrow_right
after
20171026
新設窓(外部)




既存の窓は、

「冬場は窓際が寒いし、結露もひどい・・・」
「窓枠に汚れがついてとれない・・・」
「窓がふるくて開閉しづらい・・・」

等のお困り事がありましが、カバー工法で

「断熱性がUP、不快な結露も抑えることができます。」
「インテリアにあわせて、多彩なカラーがあります。」
「窓全体が新しくなり窓の動きもスムーズになります。」

等で、浴室空間が快適になりました。

カバー工法で、住み心地も、お部屋の雰囲気もかえてみませんか。