外壁の増し張り工事

はじめまして、大成住宅のリフォーム事業部 静岡店 高田 仁康 です
今回が初めてのブログ更新となりますので、少しだけ自己紹介をさせて頂きます

静岡生まれの静岡育ち、入社18年目の41歳です。
リフォーム事業部に異動してからは13年目ですので、もうベテランと言われる世代に入ってきました。

リフォーム工事についてご不明な点は、なんでもお気軽にご相談下さい。

ブログは定期的に更新していきますので、今後もよろしくお願い致します。


月の満ち欠け 佐藤正午
個人的な趣味の話をもう少しだけ。

肥満体型ですがスポーツが好きで、観るのも動くのも好きです。

知人に誘われて、たまにフットサルやソフトボールに参加させてもらってます。


もう一つの趣味が読書

最近はすっかり図書館ユーザーになり、新作も予約を駆使しながら順番を心待ちにしている日々です。

妻と子供が寝た後に 夜な夜な読書を楽しんでいます

最近読み終わったのが、佐藤 正午さんの【月の満ち欠け】

こちらは先日の直木賞受賞作ですね。

はじめて読む作家さんでしたが、読みやすくて面白かったです。

内容は、世代を超えたラブストーリーで、各章で時系列や視点となる主人公が入れ替わるので 序盤は少し混乱しましたが。

ある女性が、想いをよせた男性に再び巡り合うまで。

想いが強くて、若干ホラーに感じる部分もありましたが、ラストも気持ちよく締めてくれて読後感は良かったです。

他の作品も読んでみたいと思う作家さんでした。




さて、ここで先日お引渡しをした物件のご紹介をさせて頂きます。

こちらのお客様は、外壁のメンテナンス工事についてのご相談で、SBSマイホームセンターのリフォームプラザにご来場頂いたお客様です。

築22年の在来木造住宅の三階建て。

以前からの雨漏りに悩まされている、とのご相談でした。

新築施工した工務店にて、何度か雨漏り補修も行ってきたようでしたが なかなか止まらない、との事でした。

現地調査を行い、既存のサイディング材も劣化しており、他にもバルコニー笠木や窓廻り、屋根のケラバ廻りなどに不安がありました。

お客様との相談の結果、今回は外壁の増し張り工事を行うことになりました。


外壁 下地工事 防水シート 胴縁
外壁材の増し張り工事とは、既存の外壁材を撤去せずに その上から防水処理と新規の外壁材を施工していく、カバー工法とも言われる工事方法です。

写真は、既存のサイディングの上から防水シートと胴縁の施工が終わった状態です

胴縁とは、新規の外壁材を固定する下地材です。
before
外観写真 既存
arrow_right
after
外観写真 施工後
before
外観写真 既存
arrow_right
after
外観写真 施工後
外観写真 完成
今回採用された外壁材は、KEMW はる一番 という金属サイディングです

金属サイディングは、一般的な窯業系サイディング材と比べて軽量で、建物への負担も軽いのでカバー工法に適しています。

紫外線に強い フッ素焼付塗装で10年の塗膜・赤サビ保証、20年相当の耐候性試験結果でもほとんど色あせのない商品です。

弊社のコーディネーターとも相談の結果、バルコニー廻りの突き出た部分のみデザインを替えた張り分けを行いました。

三方が道路、南側も駐車場という立地で、かなり見栄えのする現場でした。



今後も施工例を中心に、リフォーム工事のご紹介をしていきたいと思います。

長々とお付き合い頂きまして 誠にありがとうございました。


リフォーム工事(改装工事・塗装工事)のご相談は、大成住宅リフォーム事業部まで。
フリーダイヤル 0120-20-7471