介護保険・住宅改修手すりの取り付け




こんにちは。

大成住宅リフォーム事業部の、 森 和久 です。

今回の 『静岡のリフォーム実例』 は、

介護保険を利用した住宅改修、手すりの取り付けです。

介護保険の対象者様と、担当ケアマネージャーさん、弊社の三者で

現場で打合せをしたのち、工事前に役所に申請書を提出します。

申請(改修)内容について、事前確認結果が通知された後に

工事に着手します。





before
201707071
改修前の玄関です。
arrow_right
after
201707072
改修後・手すり取り付け後です。

今回設置した手すりは、NODA(ノダ)の

システム手摺35EX L型セット

定価14.700円です。




before
201707073
改修前の掃き出し窓です。
arrow_right
after
201707074
改修後・手すりの取り付け後です。

階段は、コクリートブロックを下地に

モルタルで仕上げてあります。

手すりは、三協アルミのエトランポU2型

定価54.400円です。



今回、外部の手すりとして使用した製品は、

天然木のような温もりのある色調と優しい手触りで

熱くなったり、冷たくなったりしにくい素材です。

なおかつ強度が必要な部分には、芯材にアルミ部材を使用しています。

工事完成後に必要書類を提出して、住宅改修費の支給を

受けます。