静岡のリフォーム実例・鉄骨建築物改装.2

こんにちは。

大成住宅リフォーム事業部の、森 和久です。

今回は、静岡のリフォーム実例のご紹介です。

改装前の建物は鉄骨建築物で、店舗として使用していた1階部分を住居にリフォームしました。

改装前の床はコンクリートで、冬場は底冷えするため住居として利用するにあたり

特に床の断熱には気を使いました。

冬は暖かく、夏は涼しく、一年中を快適に過ごすために、建物の断熱性能を高める

リフォーム工事を、ご紹介します。
 

既存床・壁
改装前の状態です。


before
壁断熱中
外周壁面に、断熱材(現場発砲ウレタンフォーム断熱材断熱材)を施工している様子です。
arrow_down
after
壁断熱.3
外周壁面に断熱材を施工した後です。
 断熱材は、現場発砲ウレタンフォームで
  ①断熱性~断熱性能が落ちにくく、経年劣化も小さい。
  ②気密性~気密性のバラツキが小さく、気密施工も不要。
  ③吸音性~吸音・遮音効果が期待できる。
 等の利点があります。
※一般的な断熱材(グラスウール)より少し高価ですが
 その分、快適な温熱環境が確保できます。
壁断熱.1
壁断熱材施工後
壁断熱.2
壁断熱材施工後
before
床組
コンクリート床の上に新しく床組みをします。
arrow_down
after
床断熱材
床組をして出来た空間に、断熱材を充填します。
 断熱材は、フクフォームで
  ①産業古紙・再生プラ・水等を使ったエコ素材
  ②CO2排出が少ない
  ③長期安定の断熱性能
 等の利点がある断熱材で、120mmの厚みのものを施工しました。
さらに床・壁以外にも、外部に面している鋼製建具(アルミサッシ)も、断熱・遮音性の高い
アルミと樹脂の複合サッシを取付ました。

今回は、鉄骨建築物の断熱工事でしたが次回は木造住宅での実例を
ご紹介致します。