耐震補強工事【制震装置設置工事】

 お世話になっております、大成住宅 リフォーム事業部 高田 仁康 です

最近は寒暖差が激しく、子供たちは体調崩しがちでした

それでも子供たちは毎日 半袖半ズボンで出掛けていきます

肥満体型の私も、いまだに半袖で出勤しておりますが。

事務所での半袖姿は 私の他にはあと1~2名で、いよいよ肩身が狭くなってしまいました





d3ec50c015f13e3175475ae28c909659
 さて、恒例になるのかどうかはわかりませんが・・・

先日読んだ本をまたご紹介させてもらいます

恩田陸さんの【蜜蜂と遠雷】

本屋大賞と直木賞のW受賞で話題になりましたので、あらためてご紹介するような本ではありませんが。

恩田陸さんの本は、好き嫌いというか 当たり外れが激しいと言われていますが、今作は大当たりでした
流石はW受賞作

ピアノコンクルールの物語で、全く馴染みのない世界でしたが、演奏を表現する文章力が圧倒的でした

登場人物たちのエネルギーも凄くて、ページ数の多い大作でしたが、あっという間に読み終わってしまいました




 そしてまた、工事事例をご紹介させて頂きます

今回の工事は耐震補強工事で、制震装置を取り付けした事例です


 耐震補強と言われる工事では、多くの場合 筋交いや構造用合板、金物などの取り付けをして、耐力壁といわれる強い壁を補強したり、増やしていく工事が一般的です

今回の事例では 耐力壁の補強ではなく、油圧ダンパーを利用した制震装置を取り付けする工法を採用致しました


DSCF6894
 オイルダンパーを使用した制震装置です
CIMG6714
 施工前

屋外への取り付けも可能です

取付工事前に、既存の霧除けの切り詰め工事や、エアコンの配管移動などの工事を行います
CIMG7237
 施工中

専用の外付け金物を使用して取付

外壁材で囲う 下地工事の途中です
CIMG7257
 完成

外付けした制震装置を、防水施工をした上で、サイディング外壁材で囲ってあります
 この制震装置を数箇所取り付けをして、地震による建物の揺れを減震するのが目的です

減震率は、建物の大きさや、取付する本数によりますが、20%~50%の減震が可能です

認定された工法なので、耐震補強工事の補助金を受けることも可能です

既存建物の現況の耐震診断、補強計画、補助金申請までお手伝いが出来ますので、建物の耐震性がご心配な場合には、まずはご連絡下さい