家族信託基礎講座

開発営業部の大澤です。
家族信託制度の説明を何度かにわたり、行ってきました。
家族信託が利用できそうだなと感じた方もいらっしゃるかと思います。

相続対策にも同じことが言えますが、家族信託も検討する時期が重要です。家族信託も
委託者(多くはご両親)が認知症と診断されてしまうと利用が出来ません。契約行為が
できなくなるからです。
故に、理想はまだ元気なうちに検討することです。少なくとも体調の変化が感じられたら
検討が必要です。そこが最後のチャンスです。

実は、今年この家族信託に関する相談が急増したと聞いています。原因は・・・コロナです。
まだ元気であっても、基礎疾患をお持ちの方はコロナに罹患すると急死する可能性もあります。
その可能性を考えて家族信託を検討する方や、罹患して回復された方が先々のことを早めに
検討するべきだと考えるように意識が変わったといわれています。

このブログを読んで家族信託気になった方は、一度お気軽にご相談ください。