リフォーム・開発

2/16土地活用セミナーご案内

2021年2月5日|カテゴリー「リフォーム・開発
皆様こんにちは。
大成住宅の高橋です。

久々の不動産会社様向け土地活用セミナーを開催致します。
よろしくお願いいたします。
5621deba8a18b839c7a4321764bb05e826
2a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d22

2021年スタート!

2021年1月10日|カテゴリー「リフォーム・開発
こんにちは。開発営業部の田中です。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年は新型コロナでなんとも閉塞的な1年でしたが、2021年はいい方向に改善されることを願っています。

1都3県で緊急事態宣言が再度発令されたりと終息に向けた動きがされてきています。

しかしながら、人の出は前回の緊急事態宣言の時よりは減少率は低いとのこと・・・

マスク着用での生活や外出に慣れてきて、どこかコロナ慣れが生じていることを感じる方も少なくないと思います。

コロナに限らずですが、徐々にで気づかない慣れの怖さを感じました。

とにかく気持ちはハッピーに仕事もプライベートも楽しみたいです。



以下、見学会のお知らせ

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e825
連続でのご案内になってしまいますがさせて下さい!

沼津市松長にて左記の通り見学会を開催します。

【日中サービス支援型グループホーム】

平成30年度の新設以来、県内でも徐々に数が増えてきています。

やはり需要は高く、出店をおこなった各事業所様も入居希望は多いようです。

オープンしてからでは見学をするのはなかなか難しいと思います。この機会に是非お越しになってご見学下さい。

お申込み・お問合せお待ちしております。

あけましておめでとうございます。

2021年1月5日|カテゴリー「リフォーム・開発
皆様あけましておめでとうございます。
開発営業部の高橋です。

年が明けめっきり寒くなりました…。皆さま体調を崩されずお元気に過ごされておりますでしょうか?
依然、コロナの脅威も収まらず色々と心配な世情ですが、健康第一で過ごせますようお祈り申し上げます。

我々開発営業部の仕事はセミナーや現場見学会からお客様との接点で生まれることが多々ございます。
こんなご時世ですが、コロナ対策に気を配り開催をさせて頂きます。
よろしくお願い申し上げます。
5621deba8a18b839c7a4321764bb05e825
2a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d21

家族信託基礎講座

2021年1月4日|カテゴリー「リフォーム・開発
開発営業部の大澤です。
家族信託制度の説明を何度かにわたり、行ってきました。
家族信託が利用できそうだなと感じた方もいらっしゃるかと思います。

相続対策にも同じことが言えますが、家族信託も検討する時期が重要です。家族信託も
委託者(多くはご両親)が認知症と診断されてしまうと利用が出来ません。契約行為が
できなくなるからです。
故に、理想はまだ元気なうちに検討することです。少なくとも体調の変化が感じられたら
検討が必要です。そこが最後のチャンスです。

実は、今年この家族信託に関する相談が急増したと聞いています。原因は・・・コロナです。
まだ元気であっても、基礎疾患をお持ちの方はコロナに罹患すると急死する可能性もあります。
その可能性を考えて家族信託を検討する方や、罹患して回復された方が先々のことを早めに
検討するべきだと考えるように意識が変わったといわれています。

このブログを読んで家族信託気になった方は、一度お気軽にご相談ください。

断熱リフォーム

2020年12月28日|カテゴリー「リフォーム・開発

こんにちは。

大成住宅 小倉です。

早いものでもう今年も終わり、12月です。

冬になると話題に上がる「断熱」のお話。



屋根裏(断熱材無し)
この時期、
「寒くてしょうがない」
「エアコンがちっとも効かない」
との相談を受けます。
調べてみますと、屋根裏の断熱材が施工されていないケースを見かけます。
壁の断熱材は入っているのですが、何故か屋根裏には無い。
結構立派で、大工さんのウデも良さそうな家でも、意外と忘れ去られているケースがあります。
小屋裏(断熱材充填後)
小屋裏(断熱材充填後)
写真のケースも小屋裏には断熱材がありませんでした。
「夏にはエアコンが効かない」
「冬は寒くて」
とのご相談でした。
そこで、小屋裏にグラスウール断熱材をしっかりと充填しました。
これで冬も、夏も過ごしやすくなることと思います。
床下(断熱材施工前)
床下(断熱材施工前)
こちらは、床下の状況です。
床下の断熱材が見られません。
この上の部屋が和室で畳敷の部屋なら、畳が断熱材の役割をしますが
このケースでは、上の部屋はお台所で板の間でした。
床材の厚みが結構あり、木の断熱効果も若干はあったと思われますが
やはり冬には冷気が上がっていたことと思われます。
床下(発泡ウレタン断熱材施工)
床下(発泡ウレタン断熱材施工)
今回は、発泡ウレタン断熱材を施工しました。
床下に隙間無く吹き付けて、断熱効果は抜群です。
今年の冬には違いが分かるといいですね。

冬の寒さ、夏の暑さでお困りの方、ぜひ一度ご相談をください。
最適なご提案をさせて頂きます。
  • お問合せ
  • 資料請求