リフォーム・開発

家族信託基礎講座~続き~

2020年9月22日|カテゴリー「リフォーム・開発
開発営業部の大澤です。

前回家族信託で不動産を信託財産にしたい場合の手続きについてお話ししました。
今回は、預貯金を信託財産にしたい場合の手続きについてお話しします。

現金・預貯金を信託財産にする場合、委託者の預貯金を勝手に受託者が使用できる訳ではありません。
当然委託者の口座から引き出すことを認められていません。どうするか?
受託者名義の信託専用口座を設けて、そこに信託財産としての現金を預けていただきます。
この口座からのみ、受託者は委託者の信託目的に沿った出費を管理することができます。

例えば、アパートを信託財産とした場合、アパートの家賃はこの信託口座に入金していただきます。
そうすることでアパートの修繕費用等はこの口座から出費することが可能であり、スムーズに修繕対応が可能です。
委託者が認知症と判断された場合でも、問題なく対応可能です。
仮にアパートを売却した場合も、同様に、売却代金をこの口座に入金します。

現金・預貯金を全額信託財産とする必要はありません。信託の目的に必要な分を信託財産としてこの
信託口座に入金します。全額信託財産とするケースはまずありませんが・・・。
手続きが少し面倒ですが、この手続きを怠ると問題が発生します。覚えておいて損はないです。

次回からは少し実例を交えてお話しできればと思います。

建売を見に来て下さい!

2020年9月20日|カテゴリー「リフォーム・開発
新築営業からリフォームに転属しました、林です。
森島5号地
森島5号地です。こちらは毎週日曜日祝日には、
10:00~16:00まで
内覧会を行っています。
最後の一棟です!
是非、ご覧ください。

富士宮にて開催しました!

2020年9月11日|カテゴリー「リフォーム・開発
IMG_3567
こんにちは!開発営業部の田中です。
9月10.11日富士宮にて日中サービス支援型グループホームの見学会を開催致しました。
静岡県内各地からご参加いただいた方々ありがとうございました。
新設された新しい障がい福祉サービスの建物ということもありご満足頂けたかと思います。
実際静岡県内もハンディキャップを持たれた方が安心して暮らせる住まいが足りていません。
私たちが行っている活動が将来多くの方が安心して暮らせるまちづくりに繋がってくれたら嬉しいです。
建築から事業計画までワンストップサービスをさせていただきます。
小さな質問からでも大歓迎!大成住宅開発営業部まで!

新築!日中サービス支援型グループホーム 完成現場見学会

2020年9月5日|カテゴリー「リフォーム・開発
皆様こんにちは。
開発営業部の高橋です。

県内でもまだ実績の少ない日中サービス支援型グループホームの完成現場見学会を行います。
介護・障がい福祉事業者様は是非ご来場ください。

よろしくお願い申し上げます。
※お申込みはこちら
5a460a9f498575ba7140e03bef4182da

家族信託パート2

2020年8月26日|カテゴリー「リフォーム・開発

開発営業部の大澤です。

暑さが厳しい日が続いております。皆様、熱中症には充分お気を付けください。

 

さて、久しぶりに家族信託講座です。パート2です。

パート1は5月21日に掲載しました。こちらも是非ご覧ください。

今回のテーマは「信託財産は、誰のもの・・・?」です。

 

不動産を信託財産とする場合、名義は受託者に変更します。登記が必要です。

当然委託者は、「この財産は私のものではなくなってしまうのか?!」と不安になります。

 

しかしこの変更登記は、あくまで形式的なものです。実質的な所有者は委託者です。

登記をする際、信託を目的とした所有権移転であることが明記されます。

委託者・受託者・受益者が誰かということも明記されます。更に、信託の目的・受益者の権限の範囲や

信託の終了時期・信託財産の帰属先等も明記可能です。

第三者に信託財産であることを主張できるよう登記をすることになります。

自益信託の場合には、贈与税や不動産取得税は課税されません。ご安心ください。

 

それでは、現金を信託財産とする場合はどうなる?

次回はこのテーマでお話しします。ご期待ください。

  • お問合せ
  • 資料請求