災害対策

みなさん、こんにちは 大成住宅 仲田です"(-""-)"
今回も 時期はずれではありますが、年々力強さがましている
自然災害から家を守る為に・・・・
日頃からなんらかの対策を とることができればと考え・( ^ω^)・・・
対策方法・・今回は自然災害による、物の破損に関して紹介させて頂きます

とはいえ、台風から家を守るにはどういった対策を講じればよいのか???
あたまを悩ませてしまいますよね。


70f53543f055a2e23231d4adb2b48a8e
台風被害で もっとも多く見られるのは
強風により飛ばされた どこかの屋根や物
が外壁・サッシ・屋根に当たることで
破損へつながってしまうケースです

一般的には 風速30m~40m以上に
なると・・・家屋へ被害が及ぶ可能性が
多くなると言われています
自宅ではしっかりと対策をしていても
被害は避けられないでしょう・・
それでは どうしようもないじゃないか?・・・と思う方もいると思いますが・・・
この頃では 強風による飛散物が、ご自分のお宅からの物とわかると被害金額は
通常ご被害宅の火災保険対応するのが筋ですが・・・被害宅から直接請求されたり

ご自宅の家の管理不足を追求される場合が 多くなっています(-_-;)
また、請求はされなかったけど 隣・近所の方の場合は、あの家の物が飛んできて
えらい迷惑をかけられてしまったとか・・・
近所付き合いも大変な事になってしまう場合があります
こんなことからやっぱりご自宅のメンテナンスをして対策を日頃より気を付けて
行くことが大切ではないかといえます




8340e6ba448b8ecf3b98105e41105e82

とにかく ご自宅にも近隣にも影響を与え
そうな物などは確認できる範囲で手当て
いくしかないとの事です

このくらいの範囲ならばご自分でできる
でしょうか・・・・・(*_*;

手が届かない場所は無理をせず気が付いた
ときに業者に依頼をするとかしてください
ご自分で できる範囲でテープでも重石でもロープでもかまいません・・・
とにかく飛びそうなものは普段より気を付けて処置しておくことが大切です

ご自宅に 住んで生活している方しか 分からない件も多いので・・・
まずご自分の目で確認しご自分でできることと業者に頼まないとできない事
を見極めしてください

物の破損は二次災害にもつながる大きな要因ですのでお休みの日に家全体を
一度確認してくださいね
それでは長々と話しましたが参考までとしてください