優しい手触りの2×4材

こんにちは。 2回目の投稿になります。建築課の中島です。

今回から、建築課ブログが2巡目となります。

どうぞ皆様、お気軽にお読み下さい。
  



e76a12eef9aca134650fc53cda59a2b7_t-e1506851583101

               カウンター



hyogo1501_32-e1506851560581

               すべり台



500_F_75733145_DtUasd2eHP77jypJ4e8UxY1hTl1VEgBI

                おしり




      人が直接触れる所は なめらかなR形状が気持ち良いです。








0021-e1506851511216


    実は、ツーバイフォー材の角にも なめらかな R加工 が施されてあります。




さらに 4面全て、プレナー加工(表面を滑らかにする加工)済みです!


 なので、手触りが気持ち良い!!





そもそも「ツーバイフォー工法」の名称は、「2×4」(2インチ×4インチ)の角材を

主に仕様するという事から来ています。

この2インチ×4インチ(50.8ミリ×101.6ミリ)の製材を 乾燥、プレナー仕上げする際に

角を丸面に加工するのです。


 なので、手触りが気持ち良い!!


ちなみに、この乾燥&プレナー加工の過程で 2×4材の断面寸法は、

<38ミリ×89ミリ>とスリムになります。

それなので、私達が目にする2×4材は すでに<38ミリ×89ミリ>の製材となっています。




そんなツーバイフォー材は、誰にも扱いやすく、最近流行りの「DIY」にも非常に向いています。


また、D・I・Y + リフォーム も ツーバイフォー材を扱うプロ「大成住宅」へ 御相談頂ければ、大変うれしく思います。