修補依頼とゲーム紹介

皆さま、こんにちは!

建築の藏屋です。

10月に入りだいぶ涼しくなってきましたね。
私も社会人になってもう半年が経ってしまいました。

正直なところもう半年も経ってしまったという焦りがあり
仕事の方はまだまだ分からないことだらけで、毎日、上司や先輩方に質問三昧です。

はやく身に付けられるように頑張りたいと思います。

さて、今回は雨濡れの修補依頼のあった現場についてとそれに関連したものを紹介します。

修補依頼のあった現場

S__96927746

9月、先輩の方に雨濡れの修補依頼があり、その現場に同行させていただきました。

修補依頼の内容は屋根からの雨漏れでした。

現場は3階建てということで、外からではなく3階のベランダをお借りしてそこからハシゴで屋根に昇らせていただきました。

このような修補依頼の現場を見せていただいたのは初めてだったので、

そこでの原因の探し方や、対応方法などとても勉強になりました。

今回は応急処置としてシリコンコーキングで水が入りそうな板金との隙間を埋めました。(写真はイメージです)
S__96935939


今回の現場では3階のべランダまでハシゴを運んだのですが、

運ぶ際に、そのハシゴを現場の壁や床に当てないようにと慎重に運びました。

階段にも、かね折れ階段(途中でL字で曲がる階段)や折り返し階段(U字で折れ曲がる階段)、螺旋階段なんかもありますね。

今回のハシゴでしたが、引っ越しなどで重たいものや長いものを階段などを通して運ぶのはとても難しいことだと思いました。

引っ越し屋さんの大変さ、すごさが分かります。

関連、くるりんスカッシュ!

a6dc80113ef596e6fc4899fbbaaaf37e
今回、長いハシゴを運ぶということの関連で
ふと、思い出したテレビゲームを紹介します。

『くるりんスカッシュ!』

私が遊んだのは任天堂ゲームキューブのゲームソフトで、
1人で遊ぶストーリーモードとみんなで遊ぶ対戦モードがあり、どちらも楽しかったと思います。

私が遊んだのは小学生の時だったと思います。


play

こちらのゲームは自動で回る棒のような乗り物❔を操作してゴールを目指すものなのですが、

それを壁や障害物に当ててはいけないというルールがあります。

しかも棒は勝手に回転しているので、その回転に合わせて壁や障害物を避けてコースを進んでいくものになっています。

操作はシンプルですが、結構、考えて進まないと行けないようになってて意外と難しい。。。


今回、長いハシゴを運ぶ際に、床や壁にできるだけ当てないようにということで、ふと、このテレビゲームを思い出しました。


まとめ

今回、修補依頼のあった現場での出来事と
そこから、ふと思い出したテレビゲームを紹介しました。

今後、自分でもお引き渡ししたお客様のアフター点検でしっかり対応できるように
勉強していきたいと思います。

テレビゲームの紹介は、おまけで書いてみました。w
最近ではやらなくなったテレビゲームも久しぶりにやってみるのもいいかなと思いました。



以上です。 それではまた・・・