進化し続けるツーバイフォー工法

086dc3ca9f0c807dbeae8239c3bb826d
9d863e1d695fd86bf84ad7cd5edfe79f
82bfc76940fb006b7a8d2521daa9aa47
ツーバイフォー工法では様々な用途に対し建築することが可能です。
写真左から「宿舎」中央「社員寮」右「コンビニ」です。
他には〇〇〇珈琲店、福祉施設、店舗併用住宅などが施工されてします。

コンビニ最大手の木造化店舗243棟
通常の木造の場合だと店内の柱が増えたり、小型店しか作れない、という難点がありました。
しかし、ツーバイフォー工法の技術改良に成功を重ね、木造でも店内に柱がない標準サイズの店舗(床面積200平方メートル)を開発した会社があります。2018年2月末では243棟の店舗に技術提供をしています。

以上経理部の藤田でした。