旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

こんにちは。東京支店の津村聡です。

今回は(「も」ですかね・・・・)仕事とは関係の無いお話です。

先日、現在進行中であるプロジェクトの建物の外壁サンプルの見学に

こちらの担当者と汐留のパナソニックリビングのショールームに行って参りました。

このショールームは開業したての頃、当社の社員旅行で東京に来たときに寄った

覚えがあります。しかし、今回はそのショールームの話ではなく、その隣にある

「鉄道歴史展示室」のお話です。

こちらの担当者と新橋駅で待ち合わせをしたのですが少し早めに到着しました。

そんな中、彼から30分位遅れるとの連絡が。「さて、コーヒーでも飲みながら時間つぶすか」

と思いグーグルマップで周辺を検索していたところ


あれっ?


なにこれ?


旧新橋停車場 鉄道歴史展示室?



急にまた私の血液中の鉄分濃度が上昇し始め「これは行くしかない、タダだし!」

そう、さすが東京の中心地、太っ腹、なんと見学無料なのです。

早速グーグルマップを開き、携帯片手に2~3分歩いたところいきなり歴史を感じる

建物が姿を現しました。
IMG_2319
こちらが建物の正面です

後ろがパナソニックのショールームがあるビルです。

レトロな駅舎と近代的なビルとのコントラストが

おもしろいです。
IMG_2318
旧新橋駅舎の復元で2003年に建築されたそうです。

中は床がガラス張りで当時のプラットホームの

そのまま見れるようになっていました。


ここが日本の鉄道の発祥の地です!

 明治5年に品川(ここ新橋駅)~横浜(現在の桜木町)間が日本で始めて営業運転が開始されました。

 当時は鉄道敷設反対派の薩摩藩邸が芝~品川間にあり、そこを避けなければならなかったらしく

築堤を海上に作り 全35キロの内10キロはそこに線路を通したそうです。 

 明治時代に海上線路ってすごくないですか??
IMG_2317
そして先ほどの正面玄関の裏手にはこの様な線路

とプラットホームが作られていました。

車輪止めの向こう側はレストランバーになっており

この後のショールームが無かったら間違いなく線路を

見ながらビールを飲んでました。
IMG_2320
そしてこちらが0マイル標識です。

明治3年に測量の起点として第一杭がここに打ち込まれた

そうです。

昭和33年に旧国鉄により鉄道記念物に、

昭和40年に国の指定史跡にも認定されたようです。
IMG_2478
      詳しくはこちらの看板で!



この後こちらの担当者と合流し私の興奮を伝えたのですがかなりの温度差が有り

シレっとショールーム見学に向かいました。

このブログを読んで頂いている方の中でもし鉄道好きな方がいらっしゃれば

是非東京にお越しの際はここに訪れてみてはどうでしょうか?



また、先日飛び込み活動中にも色々な発見がありましたが

それはまた別の機会に・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

東京支店の津村聡でした。