夏休みの思い出と、建物への思い6

大成住宅 静岡営業所 設計の浦田です。

台風や秋雨前線での雨が続いた日々がようやく終わろうとして、晴れ間が見える日が続きそうですが、日々肌寒さを感じます。
季節の変わり目って感じがしますが、体調に気を付けて頑張りましょう。

前回の続き、長浜の街を紹介したいと思います。

長浜の駅からしばらく歩いたところに、黒壁スクエア」と言う街並みが出現します。

建物の壁が黒塗りの通りで、うちの子供達は「黒壁ソフト」と言う、真っ黒なソフトクリームを食べました。
チョコアイスに竹炭の粉を混ぜて作っているそうで、子供達の歯はお歯黒状態でした。

しばらく歩くと、「黒壁ガラス館」が有ります。
お店の中はガラス製品だらけで、正直店内を歩くのに気を使うのに、結構な人がいました。
ガラスの食器類が主ですが、小物(耳かき、爪ヤスリなど)も結構な品数で、下の子はすごく悩んだ末に水に浮く魚の形をした
「浮き球」と、それを入れる容器を購入して満足そうでした。

ガラス館を出てすぐの所に、「長浜大手門通り」があり、昔ながらの商店街といった雰囲気になり、なんだか癒されます。

黒壁の建物も、大手門通りの建物も、古いですが、現代に受け継がれている感じがすごく良く、建築に関わる者としてなんだか嬉しくなります。

建物に愛着を持って長く維持するのは、簡単な事ではないのですが、昔の技術と今の技術が混在していて、
個人的な感情ですが非常に心地いい感じがします。

そんな、いつまでも残して行けるような建物を造っていけるような建築屋になりたいと思いました。
0df060551a58d8521c9d634a68e8971a
黒壁スクエア「ガラス館」
6b4d7c00be438675b635733797c80aab
長浜大手門通り