狛犬






お世話になっている方も、初めての方も、おはこんばんちは。

散り敷いた落ち葉を北風が舞い上げる季節となりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

営業部 浜松営業所 営業課  鈴木 順也 です。





早速ですが今回のテーマは『これから着工の現場』です。

家を建てる上で、様々な準備や申請を行っていきますが、内容はケースバイケースです。

今回の流れや申請に必要な日数などはあくまでも一例(今回は広大な農地に家を建てるまでの流れ)になります。





今回は、現在申請中でこれから着工を控えています、浜松市I様邸をご紹介させていただきます。

①土地の測量→分筆登記(2~3ヵ月)
 ↓
②農地転用、適合証明etc(1ヵ月)
 ↓
③確認申請(1ヵ月)
 ↓
そして造成を経て着工に移っていきます。

浜松市現場

スタート段階の様子です。

この広い土地を3つに分けていき、その1つに家を建てる計画です。

浜松市現場

この写真のようにいくつかのポイントに新たな杭を入れ、土地の大きさの確定や、土地を分けていく作業になります。

上記の①の作業です。

浜松市現場

道路との境にも杭を入れていきます。
まもなく②と③に移っていきますが、申請のため見てわかる変化はありません。

造成に入ったタイミングでまたお伝えできればと思います。





乞うご期待。

ではまた。










































チワワ

P.S. 其の36

我ながら良い写真が撮れました。

化け犬みたいです。