富士展示場イベント 12/10(日)【ワン♡ハピネス】開催

こんにちは。

営業部 富士営業所 営業課 小倉です。

早いもので、平成29年も残すところあとわずかです。

SBSマイホームセンター富士展示場では、

今年最後のマイホームセンターフェアとなりますが

12/10(日)【ワン♡ハピネス】開催です。

SBSマイホームセンターイベント ワン♡ハピネス
12/10(日)【ワン♡ハピネス】開催

今回はハンドメイド&ダンスイベントと言う事で、

チアダンスチームのパフォーマンスと

ハンドメイドの体験コーナーを開催。

そして、ヒーローショー「フジサンダーJ」もやってくる。

自分も子供が大きくなってかつ女の子なので、ヒーロー物はまったく無知なのですが

「フジサンダーJ」は知りませんでした。いろんな意味で楽しみです。





さて、先日、富士宮で地鎮祭がありました。
地鎮祭(F邸)
地鎮祭の様子。快晴の中とり行われました。


ご家族皆さまお揃いで、快晴の中でつとめることができました。工事の安全とご家族のいやさかをお祈りいたしました。

基礎工事も順調に進み、近々建て方へと進みます。

今までのスタッフブログにも登場してきたと思いますが、大成住宅の基礎は、プレキャストコンクリートを使用した「フラットベース基礎」を採用しています。

F邸 フラットベース基礎

地鎮祭から程なく、基礎着工しました。

フラットベース工場画像1

【現場搬入前の工場の様子】基礎の立上り部分を管理の行き届いたコンクリートの工場で製作。硬く、確実な基礎をつくります。

フラットベース工場画像2
コンクリートを固める際には、温度管理が重要です。工場生産ですので、蒸気を使い、徹底した温度管理のもと、コンクリートを固めていきます。この作業により、確実な強度が発現します。

これを現場に搬入して、土間部分の鉄筋を緊結し、その土間部分をコンクリートで固めるベタ基礎になります。

フラットベース工場画像3
工場で生産されたフラットベース基礎。厳しい検査の後、出荷を待ちます。
フラットベース画像4
現場に、工場生産のフラットベース基礎を並べたところ。この状態で、位置・高さなどの厳しい調整を行います。設計と現場の誤差を極限まで無くします。

写真は、土間コンクリートを打つ前段階の写真ですが、この状態で、配置、レベルを調整して緊結しますので、現場打ちで起こる誤差などとは無縁です。

この基礎に納得されて、大成住宅を選んでくださるお客様も多数いらっしゃいます。

フラットベース基礎 完成
土間打ちをし、完成したフラットベース基礎。

価格や、見栄えで家を選ぶ方も多くいらっしゃいますが、長い目で見て、基礎はとても大事です。

よく見比べて検討されることをお勧めします。

仕事柄、街を歩いているときなどに、基礎の現場を見かけると、見入ってしまいます。

例えば、土間部分に防湿対策がされていないとか、配筋が片寄っているとか、

きちんとコンクリートが打たれていないなどなど、酷い基礎を見かけることもしばしばです。

ここで他社の写真を披露することは避けますが、

基礎についての話を聞きに来るだけでも結構ですので、富士展示場へお越しいただければ、

写真をお見せしながらご説明させていただきますので、お気軽に大成住宅展示場までお越しください。