大成住宅の住宅性能は大丈夫?

pexels-jeswin-thomas-3781338-1


こんにちは、静岡営業所の長坂です。
 

私は新築の営業として働いているのですが、お客様のニーズを的確に捉えて提案することはとても重要な仕事です。家事動線や陽当たりが良い家を建てたいと考えるかたもいれば、おしゃれなデザインで、ご友人に自慢できるような家が良いというかたもいます。


家づくりは、それぞれが「重要視する点」が異なることに気付かされます!

 

ただ、すべてのご要望のベースには「住宅性能」というハードルがあります。たとえば、おしゃれでも地震に弱く、冬は寒く、夏は暑い家で「それいいね!」ということにはなりませんよね?


つまり、ご予算内で高性能な住宅でありながら、それぞれのご要望を叶えてくれるお家でなくてはなりません。


果たして、そんなことができるのでしょうか?


f55930fda5e9d2f18a501bc086f626cc


結論から言いますと、大成住宅なら可能となります。


住宅性能は客観的に「数値表示」で見ることができます。総合住宅展示場で見学をしたことがあるかたなら、ご存知かもしれませんが、「C値」「Q値」などのワードが出てきます。この数値が低い程、省エネ住宅ということになります。


それでは、大成住宅の家はどうかと言いますと、そもそもが、高気密で高断熱の家がベースです。

 

C値=2.0/㎡以下という性能値です。静岡県の基準値がC値=5.0/㎡ですから、隙間面積が少ないことがわかるかと思います。


Q値=2.3W/㎡‣h‣℃以下という数値です。静岡県の基準値が2.7 W/㎡‣h‣℃ですので、これも大きくクリアしています。つまり、スペックとしては大手ハウスメーカーと比べてもほぼ同等のレベルです。

 

「大手蓮メーカーでは高すぎる・・・。でも、性能も重視したい!」そんな方には大成住宅の家づくりはおすすめです!


C値・・・床面積1㎡あたりの家全体にどのくらい隙間があるかの数値

Q値・・・建物の保温性能を表す数値です。(熱損失係数)