効果的な乾燥対策の方法とは?

こんにちは、静岡営業所の長坂です。


最近、だいぶ気温も下がってきまして、秋めいた季節に

なりましたね!


個人的には、夏より冬が好きですが、皆様はどうですかー?


冬に気になることの定番・・・。


それは、空気の「乾燥」ですよね_:(´` ∠):


そこで、乾燥について調べてみました!

living-room-couch-interior-room-5843991


日本の冬は特に乾燥しやすく、外の湿度は50%前後です。


日常で「湿度」と言われるのは、相対湿度のことを指しております。

たとえば、湿度50%は空気1kg中に含む水分量がたったの2.5gしかありません。


これでは、肌がカサカサになり喉も乾くはずです。


特にウイルスは、気温が20度以下で湿度が50%以下になると、

繁殖するといわれています。


つまり・・・冬場にインフルが流行るのは、湿度と気温が影響していたのですね!


そこで、「快適な空間」にする方法があります!


それは、ズバリ「加湿器+観葉植物」の組み合わせです。


加湿器を使いながら、観葉植物で室内の乾燥具合をチェックすることが、

有効な方法となります。


20畳で、湿度を50%をキープするのには、

1時間あたりで1リットル以上の加湿が必要とされています。


人が快適に暮らせる温度は、1822℃。湿度が4560%


そうなんです。観葉植物も同じなのです!


つまり、観葉植物が元気がなくなったと感じたら、湿度が低い可能性が高いです!


あと、観葉植物はインテリアにも最適ですよね♪

緑があると、室内も良い感じになります。


皆さんも体調を崩さないように、ぜひ参考にしてみてくださいね!