【簡単】玄関の工夫で暮らしやすさアップする方法

pexels-henry-co-1406282


こんにちは、大成住宅の長坂です。


外の生活と内の生活を結ぶ場であり、切り替える空間の「玄関」はとても重要ですよね!
たった3つの工夫で、出入りだけの用途から「暮らしやすさがアップする玄関」に大変身します。


それが「広さ」「収納」「機能」この3つがポイントです。


さっそく、暮らしやすさがアップする玄関について本題にはいっていきましょう!


2b530e80c7d0de90885e285c5d79806310

1つ目 「独立した空間と広さ」

敷地の大きさが大前提となりますが、廊下と居間を一体化させずに建具で仕切って「独立した空間」にします。


これは、おすすめです!


なぜかと言いますと、外の冷たい空気が室内に入ることを防いでくれ、訪問者を迎える空間としても利用ができるからです。私のお客様では、玄関に訪問者と座って会話できる空間をあえて造ったかたもいます。


おすすめの広さは、ホールを含めて2~3帖程度が最適な空間です。




2つ目  「収納は重要」


汚れたモノを室内に入れたくないが、外には出しておきたくないモノは多いです。


たとえば、自転車やベニーカー。アウトドアグッズにゴルフクラブ。コートや帽子も該当しますよね!このような「モノ」をスッキリと収納できれば、散らかった印象を与えることもありませんよね。


そこで、土間収納やシューズクローク、ファミリーロッカーなどの収納空間がおすすめです!コンパクトなサイズでも良いので造っておくと、便利で実用的です。


あと、スリッパを壁の中に収納する「スリッパニッチ」もおすすめです。費用も約25,000円くらいですね!


pexels-castorly-stock-3761560-1


3つ目 「機能」


「花粉やウィルスを室内に持ち込みたくない」このようなニーズが増えています。


そこで、先に述べました「独立した空間」にすることで、花粉やウィルスを室内に持ち込まないで済みます。効果的な対策がリビングまでの動線上に洗面化粧台を設置することです。洗面化粧台があれば、手洗いができて、家の中の物に触れる前に汚れを取ることができますよね!


「広さ」「収納」「機能」で暮しやすさが簡単にアップするので、家づくりの参考にしてみてくださいね!