静岡のリフォーム実例・増改築リノベーション.1




こんにちは。

大成住宅リフォーム事業部の、 森 和久 です。

今回の 『静岡のリフォーム実例』 は、

増改築リノベーションです。

大成住宅が考える増改築リノベーションとは、主に増築・全面改装等、

大規模リフォームで家族の生活スタイルを大きく変える様な、リフォーム工事です。

増改築リノベーションで、大成住宅が特に力を入れているのが機能性です。

設備・内外装の表面的な改装だけでなく、

機能性【 ①耐震性  ②断熱性  ③収納力 】 を高める工事です。

機能性を高める工事には、高い技術力が必要となりますが

地元、静岡で45年間ハウスメーカーとして様々な住まいを提供してきた

大成住宅だからこそ出来る、増改築リノベーションがあります。

今回は機能性の中の、断熱性を高めるための工事をご紹介します。







before
20170609屋根・前
既存屋根(鉄骨建築物)断熱工事前  
arrow_right
after
20170609屋根・後
断熱工事後

屋根野地面に発砲ウレタンを施工




before
20170609壁・前
既存壁(鉄骨建築物)断熱工事前
arrow_right
after
20170609壁・後2
断熱工事後

壁(外壁面)に発砲ウレタンを施工



大成住宅では、断熱性を高めるために

【現場発泡ウレタンフォーム】を、おすすめめしています。

特徴としては、 ①断熱性~断熱性能が高く経年劣化も小さい
        ②気密性~気密性のバラツキが小さく他に気密施工も不要
        ③吸音性~吸音・遮音効果と床衝撃音の緩和が期待できる  等です。





20170609壁・中1
壁に発砲ウレタンを吹付施工中
20170609壁・中2
壁に発砲ウレタンを吹付施工中

20170609床断熱
断熱工事中

床板下部に発砲ウレタンを施工中





現場施工の発砲ウレタンは、既存建物に密着性が高いため屋根や床など密着・固定させたい場合や

グラスウールなどでは隙間ができてしまうような構造の建物などにも隙間なく施工が可能です。