「確認申請」以外の申請

大成住宅 設計の浦田です。

3月も中盤を過ぎ、あと2週間ほどで4月に入ってしまいます。
今年も月日の過ぎて行く速さを感じていますが、日々頑張って行きたいと思います。

ブログのネタもなかなか無くて、何を書こうか毎週悩んでいます。
展示場のネタもぼちぼち無くなってしまうので、今回はちょっと違う内容を書きます。
ee9abcce58a1f9fcc47223cb82a07d28

住宅を建てるためには、「確認申請」と言う書類・図面を提出し、合格通知をいただいてから着工できます。
ただ、建てる場所によって「確認申請」を出す前に申請し許可を取らないと出来ないものもあります。

今回ご契約していただいたお客様の建築場所には、「埋蔵文化財」がある場所で、文化財保護法と言う法律が関わるので、「確認申請」を出す前に許可を取る必要があります。
建築予定地が藤枝ですので、藤枝市の文化財管理をしているところに提出となります。
場所は、藤枝市の「蓮花寺池公園」にある「郷土博物館」に申請を提出しました
8c715455d3f8567dea4cceb78df43336
今回の建築場所は、弥生時代から平安時代の遺跡があるところだそうです。

申請の書類をいただき、記入方法も教えてもらいました。
この申請が合格になってから確認申請を提出し、確認も合格したら着工ができます。
このように「確認申請」以外の書類提出があると、色々勉強ができて楽しいです。

今回は「埋蔵文化財」の申請に関して書きましたが、この他にも色々な申請手続きがあるので、また紹介したいと思います。