外装塗装工事

皆様こんにちは。

リフォーム事業部の西尾です。


前回からの内容に引き続き今回は外装塗装工事についてです。

塗装工事のスタートは、洗浄です。

屋根・外壁を高圧洗浄します。

yane-e1487303921331


上記写真は洗浄後の屋根となります。

白っぽくなります。

外壁についても洗浄後は、表面の汚れや、弱っている塗膜がとれます。


洗浄後、屋根塗装・及びシーリング工事を行います。(シーリングについては前回ご参照下さい。)

後に、軒天塗装→外壁塗装→樋・破風・水切り等の順に塗装していきます。

屋根・外壁塗装については、下塗りを行い、上塗りを2回行います。



kabe-e1487305099427

塗料については、樹脂を使用し、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素となります。

塗料は紫外線の影響により劣化していきます。(細かく言うと熱、ガス、水、微生物等にも影響受けます)

紫外線の影響に強い順番は、下記の通りです。

 1.フッ素(15年~)

 2.シリコン樹脂(12~15年)

 3.ウレタン樹脂(10~12年)

 4.アクリル油脂(6~10年)

 ※()内の塗替え周期は、環境により異なり、あくまでも目安期間です。


住宅の塗替え工事で主に使われているのは、ウレタン・シリコンの2種類です。

若干高価になりますが、フッ素も最近は使用されてきています。


家全体のバランスを考えて材料選定が必要ですが、

屋根外壁はフッ素かシリコン、それ以外はウレタン、求められる機能が特異な軒天はアクリルといったのがベースとなると考えられます。


また、既存外壁の仕上げによって下塗り材料検討が必要となります。






IMG_50231-e1487307515267
IMG_50221

防水・塗装サイクルは10年を目安にして下さいとアナウンスさせていただいております。

立地状況や既存の外装材によって劣化状況はまちまちですので、

何か気になる事がございましたら、大成住宅 リフォーム事業部にご連絡下さいませ。