フローリングのリフォーム

こんにちは。いつもありがとうございます。

リフォーム事業部 西尾です。



私、昼食はだいたい「スープDELI」を食べています。

いや、飲んでいます。

いままではあまり食べたことがありませんでしたが、非常においしいです。

コンビニで、これを買っている。OLを気取っている自分も好きです。

いつももっと飲みたくなってしまいます。

「特盛り」とかでてくれるとありがたいのですが。。。


渦を巻いているパスタもう本当に最高でした。

3分待つ事が出来ずにバリバリ食べましたが、最高でした。


securedownload11-e1484884124717
111-e1484884109465







さて本日は、床フローリングのリフォームについてです。

床をリフォームしたいとご要望いただく事があります。

床が凹む。ベコベコする。汚くなってきた。雰囲気を変えたい。

こんな理由によるものですが、それに対して改善リフォーム方法としては、

大きく2種類あります。


「現況フローリングに重ねて張り増す」「現況フローリングを剥がして、張り変える」


現地の状況に対してどのようにしていく事が良いのか検討していく事となりますが、

今回は、「現況フローリングに重ねて張り増す」についてご紹介致します。



通常、フローリングは12mmのものがスタンダードですが、

なんと『1.5mmという非常に薄い厚みのフローリング商品があります。

フローリングを重ねて張る場合、基本的にリフォームしない部分との間に段差が生じてしまいます。

段差を生じさせたくない場合にこの商品は活躍します。




securedownload1-e1484874949850
IMG_41161-e1484874766951


上記の様に、両面テープにて一枚ずつ張っていきます。


確かな強度・接着力をもった商品です。
IMG_43271-e1484874796460
1枚の大きさを整えます
IMG_43261-e1484874779329
両面テープ設置します
IMG_43281-e1484874816987
両面テープ設置します
IMG_43311-e1484874828437
フローリング張り付けて完了






見た目以上に、大工さんの施工は大変で、神経を使って行っていただきます。

工事時間も短く、割と簡単に雰囲気を変える事ができます。

いかがでしょうか?