静岡市葵区 収納王とロフトの実例写真

 

こんにちは!月曜日です。

 

今日は朝から曇っていました。予報を確認すると、午後は雨が降るかも…

雨が降ってこないうちに!と、午前中に建築現場へ行って参りました。

 

本日は、ほぼ完成した現場の最終の確認です。

 

このお家は収納王、そしてロフトがついています。

丁度、その高さのイメージがわかりやすいかな、という方向で写真が撮れたので、

内装の施工例はまたの機会にして、今日のブログは収納王の高さのご説明をしようかなと思います。

 

「収納王」といっても、1階にあったり2階にあったり小屋裏だったりと様々ですが、

今回ご紹介のお家は2階の廊下と2階のリビングに収納王の出入り口がある間取りです。

P1490522

 



最初の写真は、2階の廊下から収納王の入り口を撮ったものです。


大きな荷物や重い物でも持ち上げることなく収納に運び入れる事

できますので、暖房器具や扇風機、絨毯や雛人形、お客様用のお布団など、

季節物や、普段使わないけど年に数回は出し入れする物なども

まとめてしまっておく事ができます。


もちろん、普段使いの物もすぐに取り出せます。

 




そして、この収納王の上部に2.5階の子供部屋があります。

P1490514
P1490520
P1490518


収納王入口横の、8段の階段を上った高さに2.5階があります。

天井高さ1.4mの収納王の上に床の構造を作って、フローリングを貼って、

2階の床から2.5階の床までの差は1.7m弱です。

 

この位だと、なんとなく通常の段差に比べ、2階と2.5階に一体感が感じられます。

 

そして、階段を挟んで右側は通常の2階の天井です。ウォークインの収納の引戸が見えています。

引戸の高さは2m2階の天井高は2.4m㎜です。こちらの部分が通常の高さです。

 


ちなみに天井高1.4mの収納王は立つ事はできませんが、椅子に座ると余裕があります。

私は展示場のオープン前に備品の飾り付けに行くときは、キャスターのついた椅子に座って収納王内を移動していました…

お行儀悪いですが、収納王内であちこち行ったり来たりが多かったので…

 


P1490500

 


そしてこちらの写真は、収納王の中からです。


奥の出入り口が廊下とつながっています。

手前の出入り口は、リビングにつながっています。

リビング側に出ると、もちろん廊下と同じ様に天井高は2.4mです。


この収納王の上に、子供部屋があります。

子供部屋にはロフトがあります。

 

P1490509

 

「ロフト」というと、もっと高い所にあるロフトを思い浮かべる方も多いかと思いますが…


大成住宅の収納王の家にあるロフトは、「1.4mの収納王分、2階よりも高くなっている2.5階」から「2階の上にあるロフト」を使うので、近くなります。


この写真の、子供部屋の床の下は収納王の天井で、ロフトの床の下は2階の天井なわけです。





図面で見てもわかりにくい収納王とのつながりですが、実際の施工例写真だと、

多少…多少は、わかりやすくなりますでしょうか?

 

でも、やはり実際に体感していただくのが一番かと思います。

現場見学会や展示場では、この収納王が体感できます。


さらに、ホビータイプの収納王や、高天井の大空間など、様々なバリエーションがありますので、

ぜひこの収納王を、実際にご覧頂ければと思います。





大成住宅 収納王! ←収納王の詳しいご説明はこちらへどうぞ