大成住宅の「3階建」

20161111213431_001
大成住宅 静岡営業所 設計の浦田です。

早いもので、11月に入ってあっという間に1週間が経ってしまいました。
年々、1年間を早く感じるようになっていますが、今年は特に早く感じているのは年齢のせいにしたくないので、日々の忙しさゆえと自分に言い聞かせています。

前回、前々回と大成住宅の「3階建」を紹介していますが、今回は前回紹介した「サンサーラ」の次に建てた「3階建+収納王」の展示場を紹介したいと思います。

この展示場は現在の「ラッタンバリ」の前に建っていた建物で、私が展示場専門の現場監督になって9棟目の展示場でした。
20161111213458_001-e1478868317670
「3階建」ながら「収納王」が組み込まれていて、「高天井」、「坪庭テラス」、「屋上バルコニー」など、テンコ盛りな建物でした。
まさに今までの集大成的な存在で、「収納王」の発想も「スキップフロア」をやって来た事で生まれた空間でした。
なので、現場監督をしていてもとても楽しく仕事ができた展示場でした。

展示場建築ではどの現場も工期が少なく、オープンの日にちが決まっているので、間に合わせなければならないのですが、この展示場は大きい割に工期がいつもより少なく、9棟やって来た中では最短で造りました。
正直、オープン2週間前の時点で「間に合わないかも・・・・・。」と思ったほど、材料の納入や、天候、職人さんの人数等、日々ガチガチな工程を組みながら、ほぼ毎日夜の10時、11時頃まで作業していた思い出があります。
残り1週間くらいのところで、職人さん達の努力のかいあり何とか間に合わせる事ができました。
自分の職種を超えて、職人さん同士が助け合い、全員一丸となって完成させた建物で、最後の日は涙が出そうなくらい感動したのを覚えています。

そんな展示場だったので、どの部分もとても魅力ある建物に仕上がり、見どころ満載でした。

今ある展示場も良い建物ばかりですが、私が関わってきた展示場の中で一番思い入れのある展示場です。

「3階建」にプラス「収納王」と言う発想も、大成住宅ならではと思いますので、気になった方はぜひご一報ください。