静岡の街並みを眺めて

こんにちは、浜松営業所 設計課の水野です。

 



  明日から11月ですね。

  秋の気配を日に日に強く感じています。




  先日、実家(静岡)の近くにある山に登ってきました。


  その山は旧静岡市と旧清水市の境にあります。

旧静岡市と旧清水市の境を示すもの
     旧静岡市と旧清水市の境を示す鳥居のようなもの


あまり高い山ではありませんが、そこからは静岡市の葵区、駿河区、清水区が一望できます。


その日は薄曇りだったため、きれいな写真が撮れませんでした。

(実は、2回登ったのですが2回とも薄曇りでした。)


清水方面を眺める
     清水方面を眺めた景色です。
     晴れ間が少し見えます。
日本平方面を眺める
     日本平方面を眺めた景色です。



  清水方面は遠くに三保半島、駿河湾が見えます。

  日本平方面は東名高速道路が見え、静岡方面は静清バイパス、市役所 

  などが見えます。(写真では見にくいですが、肉眼では見えました)


  大成住宅は40年以上の歴史があり、静岡県内で数千棟の住宅を建てて

  います。


  静岡市が一望できるこの景色の中に大成住宅の建物が建っています。

  (かぞえることは出来ませんが・・・)


  また、住宅に関わらず建物が1件建つということは、新しく地図に載るという

  ことでもあります。

  しかも、今では世界中の人が見ることができる時代です。


静岡方面を眺める①
     静岡平方面を眺めた景色です。

そう思うと数十年 『カタチ』 として残る仕事に携わっていることに喜びを感じました。

また、建物が増えるだけでなく他の人が見て『あの家、かっこいいね!』と感じて頂ける住宅の外観もデザインしなければと思いました。




新しく住宅をお考えの方、ぜひ大成住宅の展示場にお越しください。


静岡・浜松・三島に各営業所があるので、お待ちしています。