健康と住宅

こんにちは、浜松営業所 設計課の水野です。



今年の3月頃から万歩計を身に着けるようにしています。


みなさん一日にどのくらい歩いていますか。


私の場合は、事務所内で設計の仕事をしていると一日2000歩から2500歩程度です。

どの程度正確か分かりませんが、目安にはなります。

(歩数が多いとイスに座って仕事をしている時間が短いことになります)

外出する用事がある場合でも4000歩前後です。(健康のことを考えるとかなり少ない歩数です)


これから涼しくなってくるので、健康のためにも体を動かしたいと思います。


万歩計?
      ある日の歩数(万歩計になっていません)
万歩計
      今までの最高歩数(万歩計になりました)



『健康=運動』と考えますが、住宅にも健康が左右されるのをご存じですか?


暑さによる影響(暑い室内)は熱中症、寒さによる影響(寒い室内)は風邪や血圧の上昇、(温度差、ヒートショック)は急激な血圧変動、

(結露)はカビ・ダニによるシックハウス症候群につながります。

また、段差は幼児や高齢者の怪我にもつながります。


これらはみなさんもご存じだと思いますが、空間によっては健康を害する場合があります。これらが合わないとストレスの要因につながります。


広い空間に一人でいると落ち着かなかったり、逆に狭い空間だと圧迫感を感じることがあると思います。

(閑散としているデパートや人通りの多い商店街などを想像してください)


家の中でも同じです。イス(ソファー)に座って落ち着く空間、横になってくつろげる場所など丁度いい空間があります。

これらは感覚なので人それぞれ違います。


浜松展示場:4.5帖の和室
      私がくつろげると感じる空間:浜松展示場1.5階にある和室(4.5帖のため全体が写りませんでした)



実際の建物をご覧になって、落ち着ける丁度いい空間を皆様も見つけてください。


現場見学会など建築中の建物もご覧いただけます。


大成住宅の浜松展示場でお待ちしています。